連載
» 2011年02月28日 07時00分 UPDATE

Gartner Column:あなたは、新たな発想でITの将来を描けるか? (1/3)

2011年は新しいIT業界への第一歩を踏み出す年になりそうだ。ITの価値をコストではなく、収益価値によっての証明が必要とされる。

[小西一有(ガートナー・ジャパン),ITmedia]

Gartner Columnの記事一覧

 2011年に入って、あっと言う間に2ヶ月が経過しましたが、4月から始まる2011年度の事業計画は出来上がりましたか。2011年も、2010年の続きとして計画を立てましたか。わたしは、昨年の末に実施した Gartner EXP CIO サーベイの結果を見て、今年は、新しいIT業界への第一歩を踏み出す年になりそうだとワクワクしています。皆さんは、そんなワクワクするような事業計画を立案しましたか。

ITの価値はコスト削減から収益拡大に

 昨年の10月末に、弊社は、東京・お台場で、ガートナー Symposium /ITxpo 2010を開催しました。多くのお客さまにご来場いただきましたこと、この場を借りて御礼を申し上げます。ありがとうございました。さて、そのシンポジウムでは、海外からも多くの講演者が来日しました。その中の一人、わたしが所属している、エグゼクティブ・プログラムのグローバルヘッド (簡単に言うと、わたしの上司です) である、シニア・バイス・プレジデントのデール・カトニックが、次のようなことを講演で話していました。

 「2015年までに、新しいGlobal 2000企業のほとんどで、ITの毎年の収益によってCIOの年俸が決定される。」

 日本のGlobal2000級の大企業で、CIOと言えば、他部門と兼務している方が多いと思いますが、ここでは明確にCIOの職務での収益だけを指しています。これは、ガートナーが発表している、戦略的プランニングの仮説事項(SPA)の1つです。SPAは、将来発生しうる様々な事象やシナリオに、実現可能性を付与し示した「提言」です。この講演を聞いていたお客さまから、わたしへの意見は、次のようなものでした。

 「Global2000企業ということは、日本企業も含まれるのでしょうか。日本企業のほとんどは、大卒何年目、総合職7級、就任3年目などということで給料が決まっていますが、そういう給与体系が変わるということでしょうか。日本の終身雇用に基づいた給与体系は、そんなに簡単に変わるとは思えません。」というものでした。わたしも、伝統的な日本企業に勤めていた経験があり、このお客さまのご意見は分からない訳ではありませんが、この先5年間の変化を予想することも拒んでいるのかと思うと、悲しい気持ちになりました。読者の皆さんはどう考えますか。

 話を元に戻しますが、弊社の米国本社からやってきたデール・カトニックの話は、人事給与体系だけの話ではありません。ITの価値をコストで証明するのではなく、ITの収益価値によって証明しようという内容なのです。

 多くの日本のITエグゼクティブが、ITの価値をコストで証明してきました。ITコストは、他の手段(主に人件費)に比べて安価であるから優位であると、経営に訴えてきました。これは、IT以外のコストとITコストとを比べて、どちらが優位かという議論で、経営者は、有利なリソースを単純に選択してきたでしょう。しかし、その時代もそろそろ終焉を迎えています。ITに置換した方がコスト的に優位だという領域は、すでに社内に、ほとんど残っていないからです。そして、とうとう、多くの経営者が気付いてきました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆