連載
» 2018年04月26日 07時19分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:グズグズしない人の習慣 (1/2)

リーダーで成功する人としない人の分かれ目は、グズグズしないか、グズグズしてしまうかだ。どうすれば変えることができるのか?

[中谷彰宏,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


ビジネス書の著者たちによる連載コーナー「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」バックナンバーへ。


グズグズする人は、おわび、言い訳でその場を乗り切ろうとする

『グズグズしない人の61の習慣』

 リーダーで成功する人としない人の分かれ目は、グズグズしないか、グズグズしてしまうかです。ここ一番に、グズグズする人とグズグズしない人の差は、普段の習慣で違いがあります。ここ一番でグズグズしないためには、普段の習慣を変えることなのです。

 リーダーの役割で大事なのは、失敗した局面です。いざ、失敗した時、グズグズする人は、おわびが多いのです。失敗が多いからではありません。何かうまくいかないことがあった時に、おわびで乗り越えようとするのです。

 おわびしている人は、実は反省していません。おわびの後に、「でもね……」とか「ひとつ、いいですか」とか、続きます。おわびの15秒後には、言い訳が来るのです。おわびは、言い訳をするための前振りとして持ってきているだけなのです。

 おわびをする人の特徴は、「すみません、すみません」と、「すみません」を2回言います。「すみません、すみません。ただ、言わせていただければ、なぜこうなったかというと……」と、続きます。その人にとって、おわびは「自分は悪くない」「悪いのは他の人だ」「仕方のない状況だった」という意味です。

 「自分は悪くない」と言う人は、今まで間違う体験をしてこなかった人です。過去に間違う体験をしている人は、間違ってもやり直せばいいと分かっています。

 優等生で育ってきたいい人は、「一度間違ったから、この世の終わり」と感じています。相手から「ダメなヤツ」と思われて、切り捨てられるという不安があるのです。だから、「すみません、すみません、私が悪いのではないのです。だから、切り捨てないでください」と言うのです。

 グズグズの根本は、切り捨てられることへの恐れです。

 子どもの時から間違ってばかりいる人は、間違っても切り捨てられないことが体験上、分かっています。そういう人は、グズグズしなくなります。優等生ほどグズグズします。

 まずは、おわびで逃げることをやめることです。グズグズしない人は、おわびをしないで行動するのです。

「予算がないので」と言いながら、懇親会は開いている。

 グズグズしない人は、言い訳をしません。言い訳で多いのは、「予算がないから、仕方がない」という言い訳です。

 ある時、「中谷さんの話を、ぜひうちの地域の経営者に聞かせたいと思います。小さな会で予算はないのですが、熱意はあります。来ていただけませんでしょうか」と、講演を依頼されました。そういうふうに言われると、断りにくいのです。

 ところが、その講演会に行くと、懇親会が豪華です。豪華な懇親会をする予算はあるのです。「懇親会なしで、その分、勉強しようという気持ちはないのかな」と感じました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、今話題のBose肩のせスピーカー/ソニー完全ワイヤレスイヤフォンが当たります! この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆