ニュース
» 2009年03月05日 16時20分 UPDATE

サプライチェーンを強化:アマゾン、大阪に第三の物流センター新設 関西圏でも当日配送

物流規模の拡大と配送サービスの強化を目指し、アマゾンジャパンは3拠点目の物流センターを大阪府堺市に新設する。

[ITmedia]

 Amazon.co.jpの物流サービスを手掛けるアマゾンジャパン・ロジスティクスは3月5日、配送サービスの強化に向け、大阪府堺市に物流センターを新設すると発表した。当日配送サービスの範囲を関西圏に広げられる。開業予定は8月初旬。

 新設する物流センターの名称は「アマゾン堺FC(フルフィルメントセンター)(仮)」。アマゾンジャパンにとって、関西地方では初となる物流センターで、関西近郊や西日本からの注文を配送する。注文を受けた当日または翌日に商品を配送するサービス「お急ぎ便」において、関西地方の当日配送も可能になる。

 大阪府堺市堺区築港八幡町にセンターを新設。延べ床面積は6万7923平方メートルになる。国内外の商品を供給する。開業に伴い100人の従業員を新たに雇用する。

 アマゾンジャパン・ロジスティクスは、3拠点目の物流センターを確保する。既存のセンターとして、千葉県に「アマゾン市川FC」「アマゾン八千代FC」がある。

関連キーワード

物流 | 改革 | Amazon | コスト削減 | 製造業


過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆