連載
» 2011年06月20日 07時00分 UPDATE

未曾有の危機に直面したリーダーに求められること:思考の枠を広げろ (1/3)

「思考の枠」とは何だろうか。それは、思い込みや固定観念、レッテルのことである。緊急時は、これまでの前例にとらわれず、今何ができるかを考えなければならない。

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]

細川社長の人気連載「問われるコーチング力」も併せてチェック!



 前回は、「未曽有の危機に直面したリーダーに求められること」として、危機が発生した際にリーダーがどのようにコミュニケーションをすべきかについて説明した。今回は、「思考の枠」ということに焦点を当てて話したい。

「思考の枠」とは

 以前のコラムでお話ししたことがあるが、危機の際には「思考の枠」を広げることがとてもとても大切であり、改めて説明したい。

 「思考の枠」とは何だろうか。それは、思い込みや固定観念、レッテルのことである。例えば次のように考えることである。

 思い込み:これまでにこの方法で成功してきたんだから、これからも大丈夫!!

 固定観念:うちのビジネスは○○企業の命だ!

 レッテル:君は○○な人間だ!

 ・「思考の枠」が固く、厚い人の特徴は次のとおりである。

(1)自分が絶対に正しいと思っている人

(2)自分以外が問題だと思っている人

(3)行動変革をしない人

 ・反対に、「思考の枠」が柔らかく、拡大する人は次のとおりである。

(1)自己否定できる人

(2)人の意見をいったん素直に受け入れる人

(3)フィードバックの大事さを常に考える人

  • 「思考の枠」が厚いと、次のような弊害を生む。

(1)人の成長を妨げる

(2)勝手に解釈して、行動する。

 人間は、本質的に、自分の都合の良いように考え、見たいように見る傾向がある。風評やうわさなどを聞いて、「あの人はこういう人である」「これはこういう意味である」と自分で勝手に考える。

 職場で、○○さんに対して「ルーズだ」、「仕事が遅い」と思ったら、そう見えてしまうし、「まじめな人間だ」と思ったら、そのように見えてしまう。人間は「思考の枠」にはめられたら、すさまじく窮屈に感じる。

 「君はこういう人間だ」「君は酒癖が悪い」「君は仕事が遅い人間だ」上司にこのように思われると、部下はとてもつらい。仕事ができなくなるか、転職するか、精神的に病んでしまう。

 「思考の枠」は人の成長を妨げるのである。

 「思考の枠」を広げることができると、「今の方法が最適なのか」「他の方法はないのか」と考えることができるため、自身や組織の問題点や解決策を模索できるようになり、人や組織の成長の可能性を広げることができるのである。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆