ニュース
» 2015年11月19日 08時00分 UPDATE

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:伝える文章ではなく伝わる文章を (1/2)

これからの時代は、ソーシャルメディアで共感を創り出すことが重要。共感を創り出す文章を書くためには、自分自身を失わないこと。誰かが言っていることの受け売りでは意味はない。

[山下竜大,ITmedia]

 「ITmediaエグゼクティブ勉強会」に、元日本経済新聞記者で内閣府・地域活性化伝道師や京都工芸繊維大学 特任教授を務める坪田知己氏が登場。「これが21世紀の文章術だ! 各地で大好評の“読まない人に読ませる共感文章術”。ソーシャルメディア時代の文章の書き方を大公開。」をテーマに講演した。

新聞がウソを書く国はつぶれる

151119tsuborta.jpg 元日本経済新聞記者 内閣府・地域活性化伝道師 京都工芸繊維大学 特任教授 坪田知己氏

 戦時中、日本はミッドウェイ海戦以降、あらゆる戦いに負けていたが、玉音放送があるまで、新聞にはウソばかりが書かれていた。言論の自由が完全に封殺された時代であったが、父はよく「新聞がウソを書くようになったらその国はつぶれる」と話していた。そこで国を潰さないために、新聞記者になった。

 よく「新聞記者は文章がうまい」というが、これはウソである。新聞記者しか経験のない記者は文章がうまくない。理由は、新聞社は約150年の歴史の中で、テンプレートを山ほど作っているためだ。このテンプレートを300種類くらい覚えていると、固有名詞を入れ替えるだけで文章ができてしまう。

 テンプレートを使っているため、新聞記事は誰にでも分かりやすいが、おもしろくはない。特に日本の新聞記者は、新聞社の社員として記事を書くので定型スタイルを守る。一方、欧米の新聞は、署名記事が基本である。読者に人気が出れば記者としてのグレードが上がっていくので、欧米の有名記者は一人ひとりが自分のスタイルを持っている。

学校で作文を添削してもらった経験はあるか?

 新聞社を定年退職して約半年間、「菊と刀」や「甘えの構造」など、日本人論の基本的な文献を読みあさった。日本という国は、経済的には豊だが、民主主義が遅れている国だと感じた。選挙をすれば民主主義なのか。個人的には、選挙は民主主義の3分の1程度に過ぎないと思っている。大事なのは、自分たちが考えていることを社会に発信し、議論をして、実現していくことである。これこそが本物の民主主義である。

 2010年1月に、NHKの「追跡!AtoZ」という報道ドキュメンタリー番組で「問われる日本人の"言語力"」という番組が放送された。この番組に興味を持ち、ディレクターに話を聞きに行った。しかし、ディレクターよりも、アシスタントディレクター(AD)の話しの方がおもしろかった。30代前半の男性ADだが、子どものころドイツに住んでおり、ドイツでは幼少のころから「言語力」の教育に取り組んでいるという。

 言語力とは、自国の言葉で、自分の意思を明確に伝える能力である。日本ではどうだろうか。子どものころ、学校で作文を書かされたと思うが、きちんと添削してもらった経験はあるだろうか。世界の教育では、言語力が重視されるが、日本の教育は正反対なのである。こうした背景から、2011年9月に「稿輪舎」という私塾を開講し、これまでの経験を生かして文章の書き方を指導することにした。

文章を書くためのテクニックとは

 これからの時代は、ソーシャルメディアで共感を創り出すことを考えなければならない。共感を創り出す文章を書くためには、自分自身を失わないことが大事である。誰かが言っていることの受け売りでは意味はない。そこで稿輪舎では、一人ひとりの個性や魅力を最大限に引き出す指導を行っている。

 特徴の1つが文章を書くためのスタイル「核心文展開法」である。核心文展開法とは、文章の中でもっともすばらしい核心部分(キーセンテンス)をきわだたせる手法である。キーセンテンスを中心に文章を構成する。この原則は非常に重要である。この原則を守らなければ、人に何かを伝えることはできない。

 2つめの特徴が「三角形文章法」である。三角形文章法は、自分、対象、読者で文章の構成を考える手法である。たとえば、白いバラを「きれいです……」と伝えるのが、いまのマスコミの手法である。これはダメである。なぜダメなのか。世の中の人が「バラはきれい」と言っているから「きれい」と伝えるのは自分を否定しているからだ。

 取材対象が、白いバラを摘もうとしたら、トゲでケガをしてトラウマになったとしたら、「バラは痛い」「バラは怖い」ということを伝えなければならない。いろいろな意見があるからおもしろく、そこからコミュニケーションが生まれる。自分を無にすることなく、自分のセンスで対象を解釈し、読者を意識して情報を伝える。これが三角形文章法である。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆