ニュース
» 2017年02月13日 07時13分 UPDATE

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:「Seiji's BAR」で社員をお・も・て・な・し――コミュニケーションが企業変革の鍵 (1/4)

会社を変革するためには、会社の戦略を社員に広く周知徹底することが必要。そのためには、経営陣と社員のコミュニケーションが重要になる。コミュニケーションにより、いかに会社を変革できるのか。その手法を紹介する。

[山下竜大,ITmedia]

 ITmedia エグゼクティブ勉強会に、SMFLキャピタル 代表取締役社長兼CEOである安渕聖司氏が登場。「コミュニケーションで会社を変える」というテーマに対し、グローバル企業で培った経験やノウハウ、ベストプラクティスを生かした、6つのパターンによる社員とのコミュニケーション手法を紹介した。

コミュニケーションを重視するSMFLキャピタル

SMFLキャピタル 代表取締役社長兼CEO 安渕聖司氏

 SMFLキャピタルは、1999年より米国GEの金融事業部門であるGEキャピタルの日本における中核会社として、総合的な金融サービスを提供してきた日本GE(GEキャピタル)が前身で、2016年4月に三井住友ファイナンス&リース(SMFL)グループに加わったことにより、2016年9月5日付で社名を現在のSMFLキャピタルに変更している。

 安渕氏は、「SMFLキャピタルの最大の特長は、フラットでカジュアルな組織であること。社長や部長といった役職や上下関係をあまり意識しない組織であり、すべての役員、社員が"さん付け"で呼びあっている。また、一般的な日本企業の雇用はメンバーシップ型だが、「私は何をやる人です」ということが明確なジョブ型の雇用であることも特徴の1つ」と語る。

 採用・評価の大原則として、性別、年齢、宗教、人種などを判断基準とはせず、WhatとHowの2軸による実力主義で社員を評価・育成している。売上達成などの業績目標(What)の評価と、どうやって目標を達成するか(How)という行動基準の評価の2軸が評価基準である。

 もともとの会社であるGEの創設者は発明家のトーマス・エジソンで、イノベーションやテクノロジーを会社として大切にしている。変化と新しいアイディアや技術に対しても非常にオープンで、どんなことが出来るのか試してみる、例えば、仕事のデジタル化に会社全体で取り組んでいる。ダイバーシティーを重視するのみならず、働き方に関してもリモートワークを活用し、在宅勤務も可能で物理的に全員がオフィスに集まらなくても仕事ができるよう柔軟に働くことを推奨している。社会への視点を持ってもらうべく、ボランティアを行うボランティア組織を持っている。その他にコンプライアンスを超えるインテグリティを重視している。(ご参考までに、会社の規模は、約1100名程度の社員数。)

 「このような企業文化を実現するためにもコミュニケーションの役割は非常に重要。そして、このような土壌に基づいて、さらにコミュニケーションを進めて、変化を促進している。」(安渕氏)

6つのパターンの社員とのコミュニケーション

 SMFLキャピタルが取り組む社員とのコミュニケーションには、以下の6つのパターンと11種類の手法がある。

1、多数に伝える

 - CEOメッセージ/CEOブログ

 - 全社員ミーティング

2、多数の意見を聴く

 - マネジメント・キャラバン

 - 社員オピニオン・サーベイ

3、多数×多数

 - 「Seiji's BAR with マネジメント・チーム」

4、少数に伝える

 - 研修プログラムでのリーダースピーチ

 - 表彰/褒賞プログラム

5、少数の意見を聴く

 - ラウンドテーブル・ミーティング

 - アシミレーション

6、1対1

 - ワン・オン・ワンミーティング

 - 評価のフィードバック

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆