ニュース
» 2010年01月20日 09時11分 UPDATE

Lotusphere 2010 Orlando Report:パナソニックのグローバル戦略を支えるクラウドサービス

グローバル全体で38万ユーザーに及ぶ大規模なコミュニケーションシステムを導入したパナソニック。背景には同社が推し進めるグローバル戦略が存在する。

[伏見学,ITmedia]

 1月19日(現地時間)、フロリダ州オーランドのウォルトディズニーワールドで開催しているIBMの年次カンファレンス「Lotusphere 2010」は2日目を迎えた。初日の朝よりもさらに冷え込んだ会場では、コートやマフラーなどを身にまとった参加者をちらほらと目にした。午前の基調講演では、昨年のLotusphereで発表された同社初のクラウドサービス「LotusLive」を38万ユーザーで活用するパナソニックの大型導入事例が紹介された。

会場である「Walt Disney World Dolphin」は極端な冷え込みによって朝霧が立ち込めた 会場である「Walt Disney World Dolphin」は極端な冷え込みによって朝霧が立ち込めた

 パナソニックは「経営の神様」とうたわれた松下幸之助氏が創業して以来、「生産・販売活動を通じて社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与すること」を経営理念としている。従って、海外展開は早く、1959年にアメリカ松下電器(現・米Panasonic)を設立し、その後、1967年までにタイ、メキシコ、コスタリカ、ペルー、タンザニア、マレーシア、オーストラリアなどにも進出している。近年ではグローバル戦略の強化策として国内外のブランドを「Panasonic」に統一し、企業名も松下電器からパナソニックに変更した。

 全世界で数百の拠点を持つパナソニックでは、組織のみならず地域の枠をも超えた社員同士のコミュニケーションは日常的であり、避けては通れない。では、いかにコミュニケーションを促進し、事業成功に向けたコラボレーションを生み出していくのか。そこで白羽の矢が立ったのがIBMのLotusLiveである。

LotusLiveを活用し「One Panasonic」を目指す

米PanasonicでITディレクターを務めるガス・バハモンデス氏 米PanasonicでITディレクターを務めるガス・バハモンデス氏

 前日のビデオ映像での登場に続き、今度は実際に基調講演のステージに現れた米PanasonicでITディレクターを務めるガス・バハモンデス氏は、LotusLiveの採用理由について「プラットフォームの統合」と「TCO(総所有コスト)の削減」を繰り返し強調した。特に前者については、同社が掲げる目標の達成には外せないものだという。

 バハモンデス氏によると、パナソニックはグローバル全体で1つの企業体となる「One Panasonic(1つのパナソニック)」を目指しており、企業変革を遂げる上で、(1)ワークスタイルやコラボレーションの革新、(2)コミュニケーションを地域間で促進、(3)消費者やパートナーとのコミュニケーションを促進、(4)グループ全体でのシナジー効果、は不可欠だと考えている。これらを実現するには各事業で共通のプラットフォームが必要であり、クラウドベースで提供されるLotusLiveは、まさにグローバルなワークプレイスに置き換わるという。

 大規模導入の背景にはトップダウンも働いた。「大坪文雄社長もコラボレーションの重要性を理解しており、それを実現する仕組みに必要性を感じていた」とバハモンデス氏は明かす。

 三洋電機の買収が昨年末に完了し、2010年から新生パナソニックが本格始動している。約800のグループ会社、38万人の社員を抱えることとなった。バハモンデス氏は「(LotusLiveを軸とした)IBMのソリューションによって、さらにOne Panasonicに近づきたい」と力を込めた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆