連載
» 2008年04月15日 09時21分 UPDATE

間違いだらけのIT経営:コンサルタントにはまず「疑いの目」を (1/2)

コンサルタントの末席を汚している者として言わせてもらえば、コンサルタントに手痛い目に遭ったからといって、IT導入まで敬遠する必要はない。トップ自ら情報武装し、コンサルタントの役割を明確にすれば恐れることはないのだ。

[増岡直二郎,ITmedia]

コンサルタントに関する悪い噂

 トップ・経営陣がIT投資を逡巡するケースが少なくない。その原因の1つにコンサルタントに対する不信感がある。その原因はいろいろあるが、例えばコンサルタントを入れると社内事情が第3者に分かってしまうとか、社内がかき回されて混乱するとかというところから、痛い目に遭わされたという自分自身の経験や、それに関する噂話まである。

 確かに、悪質なコンサルタントに騙されたり、無能なコンサルタントにいいかげんな対応をされたりした場合、今後一切コンサルタントはもちろん、IT導入も敬遠したくなることはあり得るだろう。「羹に懲りて、膾を吹く」というやつである。しかし、いつまでもそのトラウマに捉われている限り、その先はない。あるいは悪質、無能なコンサルタントに出会ったのは、交通事故みたいなものだという考えもあろう。しかし、そう割り切るには失ったものは大き過ぎるし、精神衛生上もよくない。そもそも事前に防ぐことはできなかったのか。

 筆者もコンサルタントの末席を汚している者として、問題コンサルタントがトップ経営陣にその後の動きが取れないほど打撃を与えているとすれば、黙っているわけにいかない。

コンサルタントの得意分野を特定することも大切

 コンサルタントである本人が言うのも気が引けるが、まずコンサルタントを信じきってはいけない。一部で、コンサルタントなんて評論家だとか、夢を売って金を稼ぐ商売だとか言われるが、筆者はこれを完全否定できない。コンサルタントなんて、資格試験があるわけではなし、誰でも名乗ることができる世の中なのだから、このコンサルタントは何か魂胆がある、あるいは無能なのではないかと、疑ってかからなければならない。

 「何か魂胆がある」の例として、ハードやソフトウェアのひも付きコンサルタントは、最後は自社(グループ)製品へ誘導しようとするケースがある。もちろん、これは最初から了解済みの場合もある。しかし、特定のハード、ソフトのひも付きではないようにみせかけて、最終的には特定のベンダー製品の購入に誘導していくケースもある。

 また大手コンサルタントは、長年大企業を顧客としてきたため、費用が高めだし、零細・中小企業対応のノウハウに欠ける場合があるにもかかわらず、顧客拡大の意味で零細・中小企業をターゲットにしつつある。優秀な人材が大企業の顧客に回されて、払底していることもある。中には、できるだけコンサルタント料を巻き上げようとしたり、売名に利用しようとしたりする輩もいる。無能の例として、コンサルタントは資格試験がなく名乗れるものだから、定年退職者が群がって来ている。その中でも、大企業や有名企業出身者は脚光を浴びがちだが、彼らの力は狭い専門分野に限られ、実務で手を汚した経験が少ない大企業管理職型が多い。その場合、往々にして美辞麗句で理屈を並べて、己の無能力さを隠そうとする。

 また、コンサルティングにも分野がある。経営戦略策定、業務改革、情報化企画、情報化実施などの分野に分かれ、依頼するコンサルタントも変わる。しかし、戦略・業務改革の段階からITコンサルタントに依頼したが、依頼された方は戦略や業務に疎いという自分の弱点は言えないので受けてしまって失敗した例がある。そのしわ寄せは顧客が被る。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆