ITmedia エグゼクティブ 利用規約

「ITmedia エグゼクティブ」はアイティメディア株式会社(以下、「ITM」という)が提供するサービスです。 本規約は、ITmedia エグゼクティブ を利用される方すべてに適用されます。

第1条. 規約の範囲および変更

  1. このITmedia エグゼクティブ 利用規約(以下、「本規約」という)は、ITMが提供するサービス「ITmedia エグゼクティブ」(以下「ITMEサービス」という)の利用に際して、第2条1項に規定するITMEメンバー、ITMEサービスを閲覧する者(以下「閲覧者」といい、ITMEメンバーと合わせて「利用者」と総称する)、及びITMに生じる権利義務その他利用条件を規定することを目的とします。
  2. 利用者はITMEサービスを利用するにあたり、本規約の適用に同意することとし、万が一異議ある場合はITMEサービスの利用を行わないこととします。
  3. ITMは、ITMが必要と判断したときには、利用者の事前の承諾を得ることなく、本規約を変更できます。この場合、ITMは、合理的な事前告知期間を設けるものとします。
  4. 本規約の変更があったときは、その変更の概要をITMEサービス(もしくはその代替となるWebサイトを含む。以下同様)上に掲示します。利用者は本規約の変更後に、ITMEサービスの利用を継続したことをもって、変更後の本規約に承諾したものとみなされます。利用者は、変更後の本規約の適用について万が一異議ある場合は、ITMEサービスを利用しない、あるいはITMEメンバー登録を削除することとします。

第2条. ITmedia エグゼクティブ・メンバー登録とその内容の修正

  1. 「ITmedia エグゼクティブ・メンバー」(ITMEメンバー)とは、ITMEサービスの利用を希望する個人のうち、本規約を熟読し、その内容を理解し、第8条に定めるプライバシー情報の取扱いについて同意するなど本規約が規定する内容に拘束されることを承諾のうえ、所定のITMEメンバー登録のフォームに従って、ITMEメンバーID(以下「ID」という)として有効なメールアドレス、任意のパスワード、氏名や職業など自身に関する正確なデータを入力してITMに送信し、ITMの承認を受けて、ITMEメンバー登録の手続きを完了した者を指します。
  2. 本規約に異議なく同意した上で上記ITMEメンバー登録を完了しなければ、一般公開用Webサイトの閲覧を除き、ITMEサービスは利用できません。また、ITMEメンバー登録時に送信した情報に加えて、追加情報の登録が必要なITMEサービスもあります。
  3. ITMEメンバー自らが登録した情報の内容は、当該メンバーが責任を負うものとします。

第3条. 入会の不承認

ITMは、審査の結果、登録申込者が以下のいずれかに該当することがわかった場合、その者のITMEメンバーへの入会を承認しないことがあり、また何ら通知することなく強制的に退会させることがあります。

  1. 登録申込者が実在しない場合。
  2. ITMEサービス及びその他ITMが提供するサービスに関する会員規約又は利用規約その他ITMが規定する事項に違反する行為を行ったことがある場合。
  3. 登録申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、または記入漏れがあった場合。
  4. ITMの業務の遂行上または技術上支障があるとITMが判断した場合。
  5. その他ITMがITMEメンバーとして不適切と判断した場合。

第4条. ID・パスワード

  1. ITMEメンバーは、ITMEメンバー登録の申し込み後、ITMから付与されるIDとパスワードの管理責任を負います。IDとパスワードは第三者に使用させてはならないものとします。
  2. ITMはID又はパスワードの漏洩、不正使用などから生じた損害を保証いたしません。万が一、自分のIDが第三者に利用されたと思われる場合、又はIDやパスワードが第三者に漏洩した恐れがある場合は、ただちにITMに通知のうえ、登録内容を修正するなど適宜対応してください。

第5条. 利用範囲・権利帰属

  1. 利用者は、事前にITM又は著作権者の特段の許諾がある場合を除き、原則としてITMEサービスを通じて提供される著作物を著作権法で認められる範囲内でのみ利用するものとします。
  2. ITMEサービスを構成するコンテンツ等に関する著作権、商標権その他知的財産権は、ITM又は当該情報の提供元に帰属します。
  3. 利用者がITMに提供した情報が、一般に公開されるサービス(マーケットリサーチを目的とするアンケート調査など)への回答としてITMに提供されたものである場合、当該情報の著作権はITMに帰属します。さらに、利用者は、上記の提供情報につき、著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。ただし、ITMは、上記の提供情報に関して利用者自らがそれを使用することにあらかじめ同意します。

第6条. 通知と連絡

  1. ITMからITMEメンバーへの通知は、第7条及び第8条第6項に該当する場合を除き、ITMEメンバー登録時にITMへITMEメンバーIDとして届け出たメールアドレスへの通知で行います。
  2. 利用者がITMに対して連絡が必要な場合は、ITMが指定する窓口あてに電子メール又は指定のフォーム画面で連絡するものとします。ITMは、原則として電話、来訪、郵便での連絡はお受けいたしかねます。

第7条. ITMによる第三者からの情報提供

ITMは、第三者の製品・サービス・キャンペーン・セミナー・展示会その他第三者が利用者への告知を希望する情報を、電子メールの配信、郵便物の郵送、物品の配送等の手段で、第三者の代行として利用者に提供する場合があります。

第8条. プライバシー情報の取扱い

  1. ITMEメンバーが、ITMEメンバー登録時にITMに送信した情報、ITMEメンバーが特定のITMEサービスを利用するためにITMEメンバー登録情報のほかに追加で送信した情報、利用者のITMEサービスの利用状況に関する情報(行動履歴情報を含みます)は、ITMのデータベースに蓄積され、当該データベース及びこれに蓄積された個々の情報(以下「ITMデータベース」という。)については、ITMがその処分及び管理その他一切の権利を有するものとします。利用者は、ITMがITMデータベースを、本規約及びプライバシーポリシーなどに定める利用目的の範囲内で利用することを承諾します。
  2. 管理外サイト等から利用者が優待販売等で商品・サービスを購入する場合、管理外サイトのサービスは、当該管理外サイトの運営主体の責任において提供されるものであることから、本規約は適用されず、リンク先のWebサイトの利用規約が適用されます。従って、ITMは特定商取引法による表示義務も負わず、これを表示いたしませんので、取引主体・取引内容については当該管理外サイトの表示を参照してください。
  3. 利用者個人の識別が可能な情報(以下「個人情報」という。)以外の情報は、統計処理を施したうえでITMが編集、発行、または販売等で使用できるものとします。
  4. ITMは、個人情報を利用者の承諾なしに第三者に開示、または提供しません。ただし、下記各号記載事由に該当する場合においてはITMの非開示等義務は免除され、また情報漏洩により利用者が被った損害について免責されるものとします。
    1. 利用者本人が同意した場合
    2. 法令の規定に基づいて開示が求められた場合
  5. ITMEサービスにおいて紹介するセミナー及び公演その他イベントに関し、利用者が当該イベントに参加するにあたり、ITMを除く当該イベントの主催元または協力元または協賛元(所属企業ではなく、企業に所属する個人が提供主体である場合もあります。)に対し、個人情報の提供を行う場合、当該個人情報の開示及び当該情報提供元を起点とする個人情報の漏洩その他一切の問題については、当該問題がITMの故意又は重過失によらない場合、当該利用者とイベントの主催元/協力元/協賛元が直接に解決するものとし、ITMは責任を免れるものとします。
  6. ITMはサービスを提供する目的で、ITMから業務委託を受けた配送業者に配送を目的として、利用者の個人情報を提供することがあります。
  7. 利用者の個人情報およびサービス利用状況についての情報に関しては、ITMの定めるプライバシーポリシーに基づき取り扱います。

第9条. 退会

  1. ITMEメンバーが退会を希望するときは、所定の退会フォームに必要事項を入力し、ITMに送信することでその申し出を行うものとします。
  2. ITMは、ITMEメンバーからの退会の申し出を受理した後、速やかに当該ITMEメンバーに関する個人情報をデータベースから削除します。ただし、第5条の定めによりITMに権利が帰属する情報はその限りではありません。また、バックアップデータには、一定期間、当該ITMEメンバーに関する個人情報が残存してしまう可能性があることを予めご了承ください。

第10条. 禁止事項とそれに対する措置

ITMEメンバーが下記各号記載事由の一に該当した場合、又は違反している(その恐れがある場合を含みます)とITMが判断した場合は、ITMは当該ITMEメンバーのプロフィールの削除、ITMEメンバー登録の拒否又は抹消(完全退会)、メーリングリスト上または私信メールでの注意・勧告、さらにそれらの処置を講じたことに関するメーリングリストまたは私信メールでのアナウンス等の措置を行う権利を有するものとします。

  1. ITMEメンバー登録時や各ITMEサービスの利用に必要な追加情報の登録時に、当該情報の信憑性が低い、または虚偽の事項を登録したとITMが判断した場合。
  2. 登録されたメールアドレス宛ての連絡が一定期間以上にわたって不通の状態が続いた場合。
  3. ITMEサービスの利用が一定期間以上にわたって行われなかった場合。
  4. ITM及びITMEのサービス運営を妨害した場合。
  5. 本規約に違反する行為を行った場合。
  6. ITM又は第三者を装い、詐称する行為を行った場合。
  7. 有害なコンピュータープログラムなどを送信または書き込む行為を行った場合。
  8. ITMの承認を得ずに、プログラム等の改変、リバースエンジニアリング、解析、ユーティリティの作成・頒布等の行為を行った場合。
  9. ITMEサービスの運営に支障を与える行為を行った場合。
  10. ITMEサービスを利用した、営業活動及び営利目的もしくはその準備を目的とした行為を行った場合。
  11. 選挙運動またはこれに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為を行った場合。
  12. 他の利用者、ITMもしくは第三者の権利・プライバシー・肖像権等を侵害する行為を行った場合。
  13. 他の利用者のメールアドレスなどを不正に利用したり、譲渡・販売する行為を行ったりした場合。
  14. 他の利用者、ITMもしくは第三者の著作権その他の知的財産権を侵害する行為を行った場合。
  15. 事実に反する情報、意味のない情報をITMおよびITME内で送信または書き込む行為を行った場合。
  16. 犯罪行為を目的とした行為、もしくは犯罪行為を誘発する行為を行った場合。
  17. 他の利用者、ITMその他第三者の名誉を毀損し、もしくは権利を侵害する行為を行った場合。
  18. わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待その他若年層にとって不適切な内容、もしくは露骨な性描写の内容の画像、文章などを送信または掲載する行為を行った場合。
  19. 他の利用者を害する行為、差別的な行為を行った場合。
  20. ITMがITMEメンバーとして不適切と認めた行為を行った場合。
  21. ITMのサービスに関連して、反社会的勢力に直接・間接に利益を提供する行為を行った場合。
  22. その他、法令に違反し、公序良俗に反する行為を行った場合。

第11条. 登録情報の一部削除と修正

プロバイダのドメイン名変更や所属組織の統廃合などにより、メールアドレスが組織的に変更されたことが公表されている場合、ITMは当該ITMEメンバーの登録情報のうち、該当する部分を予告なく一部削除または修正できます。

第12条. 登録情報の確認と更新

  1. ITMは、ITMEメンバーの登録情報を最新に保つため、ITMEメンバーに対し、電子メール・電話・ファックス・郵便物などの手段をもって、ITMまたはITMが契約した委託業者がITMEメンバー本人に連絡をとり確認を行う場合があります。この確認において登録情報を更新する必要があるとITMが判断した場合、ITMは適宜登録情報の更新を行います。
  2. ITMEメンバーが登録情報の更新を行う場合は、所定のフォームに必要な事項を入力してITMに送信することでその申し出を行います。
  3. ITMは、ITMEメンバーからの登録情報更新の申し出を受理した後、速やかに当該ITMEメンバーに関する登録情報の更新を行います。

第13条. データの管理

ITMEメンバーはITMEサービスを利用して作成・保存したデータ・ファイルなど(以下「データ・ファイル等」という)について、自己の責任において保存するものとします。ITMEメンバーは、ITMによるデータ・ファイル等の保存、整合性が確実でないことを承諾するものとします。ITMは何らかの原因でデータ・ファイル等が消失または改ざんされた場合の損害、責任について、当該消失または改ざんがITMの故意又は重過失によらない場合、責任を免れるものとします。

第14条. サービスの変更や休止

  1. ITMは、以下の各号に該当する場合は、事前に通知することなく、ITMEサービスを変更、もしくは中断・停止・休止することができます。ITMは、当該の変更または中断・停止・休止に関し、ITMEの利用者に対して何ら責任を負わないものとします。
    1. システムの保守・工事を行う場合。
    2. 天変地変、火災、戦争、暴動、騒動、労働協議等、これに準ずる事態の発生した場合。
    3. システムのトラブル等による場合。
    4. ITMないしITMEサービスを構成する関連機関が利用する電力の提供が中断された場合。
    5. ITMEサービスを構成するインターネットサーバが接続する上流ネットワークのルーティングトラブル等、インターネット回線に障害が起きた場合。
    6. その他、上記に準ずる運用上ないし技術上の理由のある場合。
  2. ITMは1カ月以上の予告期間をもってITMEメンバーに通知したうえで、ITMEサービスの提供を終了できます。

第15条. ITMの賠償責任の制限

ITMEサービスを利用したWebの閲覧や情報収集についてITMは、当該情報がITMEの利用者のニーズに適合するか否か、ITMEサービスの提供に不具合やエラーや障害が生じないか否か、ITMEサービスから得られる情報等に適法性・正確性・適時性があるか否か、ITMEサービスにおいて提供されるドキュメントやソフトウェアの不具合やバグが修正されるか否か、などについては最大限の努力を払いますが一切保証しておりません。利用者はこれらに関し、自身の責任において利用するものとします。利用者がITMEサービスを利用した結果として生じた損失・損害等およびITMEサービスに関連して生じた損害・損失等について、ITMは賠償責任を免れるものとします。但し、当該損害がITMの故意又は重過失に起因する場合は、この限りではありません。

第16条. メンバー及び利用者の賠償責任

  1. 利用者が本規約に違反し、ITMに対し損害を与えた場合、利用者はITMに対し、ITMが被った損害を賠償する責を負うものとします。
  2. 利用者が、ITMEサービスの利用によって第三者に対して損害を与えた場合に、当該損害がITMの故意又は重過失に起因しない場合、自身の責任と費用でこれを解決するものとし、ITMは責任を免れるものとします。

第17条. 準拠法、合意管轄

  1. 本規約の準拠法は日本法とします。
  2. ITMEサービス、または本規約に関連してITMと利用者との間で紛争が生じた場合は、その訴額に応じ、東京簡易裁判所もしくは東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

アイティメディア株式会社
ITmedia エグゼクティブ 事務局

改訂日 2020年4月1日

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆