ニュース
» 2010年01月28日 18時54分 UPDATE

最も価値の高い日本発のブランドは?

インターブランドジャパンは、ブランド価値の高い日本のトップ30ブランドを発表した。

[伏見学,ITmedia]

 ブランドコンサルティング会社のインターブランドジャパンは1月28日、日本発のコーポレートブランドが持つ価値を金額に換算した評価ランキングの2010年度版を発表した。首位は前年と同じくトヨタ自動車の「TOYOTA」だった。上位12ブランドまで順位に変化はなかった(詳細は下図を参照)。

Japan's Best Global Brands 2010 Japan's Best Global Brands 2010

 インターブランドでは同様のランキングを1999年から全世界のブランドを対象に実施している。財務情報や株価などで算出する企業価値から投下資本を引いた無形価値に基づき評価する。ブランドの選定は、日本企業によって生み出されたコーポレートブランドであること、アナリストレポートが入手可能な上場企業であること、海外売上高比率が30%以上であることなどが基準となる。今回の調査では、2009年10月30日の時点で上場している企業が対象となる。

インターブランドジャパンのテレンス・オリバー社長 インターブランドジャパンのテレンス・オリバー社長

 TOYOTAのブランド価値は305億2900万ドルで、前年と比べて3%下げた。2位は「HONDA」で前年比3%増の181億9200万ドル、3位は「SONY」で同4%減の119億7300万ドルだった。トップ30ブランドの8割が前年よりもブランド価値を下げたことについて、インターブランドジャパンの田中英富エグゼクティブ・コンサルタントは「世界的な不景気によって(日本のブランドをけん引する)自動車産業とエレクトロニクス産業の落ち込みの影響が大きい」と説明した。

 一方で、前年比で11%増となった22位の「ASICS」や、初めてランクインした27位の「SHIMANO」は成長が著しいブランドだ。理由としては、海外での売上比率が大きく、「健康」や「エコ」といった世の中のトレンドにのっとったブランド展開をしていることが挙げられる。

 インターブランドジャパンのテレンス・オリバー社長は「不況によって日本企業の多くが厳しい状況にある。こうした時期だからこそブランドは経営の大きな武器になるし、強いブランドを持つ企業こそが生き残るのだ」と力を込めた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆