ニュース
» 2010年11月05日 12時08分 UPDATE

これからのCIOは業績連動で年俸が決まる? (1/2)

米IT調査会社Gartnerのシニアバイスプレジデントで、ガートナーエグゼクティブプログラムのデール・カトニック氏に話を聞いた。

[怒賀新也,ITmedia]

 「2015年までに新しいGlobal2000企業のほとんどで、ITの毎年の収益によってCIOの年俸が決定される」

 こう話すのは、米IT調査会社Gartnerのシニアバイスプレジデントで、ガートナーエグゼクティブプログラムのデール・カトニック氏だ。

gartne.jpg デール・カトニック氏

 企業におけるクラウドコンピューティングの普及などにより、サーバの管理やアプリケーション開発といった業務が相対的に減るため、CIOを含めたIT部門の役割が今後急速に変化すると考えられる。

 カトニック氏によると、今後のCIOは、ITを活用していかに自社に収益をもたらすかを問われ、そのための活動をするため、当然ながら「新たに生まれた収益に相応する金銭的要求をするようになる」という。

 一方で、IT以外の事業部門のエグゼクティブは、そうした新たな収益が生まれても、「それを生み出す活動をITの管理下に置かないように働きかける」といった見方もある。だが、クラウドの登場で「インフラ屋」ではいられなくなったIT部門は今後、「プロフィットセンター」への脱皮を求められる可能性は高そうである。

 では、どうやって収益化するのか。これについては、Gartnerの複数のアナリストも明確なアイデアを持っていないようだ。大枠のイメージとしては、「消費者の集団的行動に新しい構造が出現する」ことがポイントになる。イメージでいえば、現在ならFacebookの台頭から分かるように、ソーシャルアプリケーションが生み出す新たなインターネット上の集団との関わり方を考えること、といえる。

 こうしたビジネスのソーシャル化についてカトニック氏は「テクノロジーの問題ではない」と指摘する。FacebookやTwitterでは、従来はなかった形で人と人がつながり始めている。「午後5時からセールをやります!」とTwitterにメッセージを投げることで、従来ならセールの情報を受け取れなかった人がそれを見て来店を検討し、さらにその情報をリツイートという形で、インターネットの不特定多数に向けて発信する――。これも、新たな人と人のつながりの形といえる。

 同氏はこうした「つながり方」が進化するにつれて、集団の在り方に新たな構造が出現するのだと指摘する。それが「集合的なインテリジェンス」にさらに進化した姿を見た者はおそらくまだいないと考えられる。騒がれているとはいえ、まだまだソーシャルアプリケーションの利用者は少数派。「コップの中の嵐」がコップをはねのけて本当の嵐になったとき、ソーシャル化が導く集団的行動の形やすばらしさや怖さがかいま見えるかもしれない。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆