連載
» 2011年12月15日 08時00分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:ビジネスリーダー30名が語る「40代サラリーマンの仕事と生き方」 (1/2)

「四十にして惑わず」――この孔子の言葉は、「狭い見方や小さな枠にとらわれず、心の迷いがなくなる」という意味だが、今の40代は人生で最も“惑う”時期。そんな40代に同世代の元気なビジネスリーダーから、これからの時代をパワフルに生き抜くための心得を伝授する。

[高橋恭一,ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


 「四十にして惑わず」――この孔子の言葉には、「狭い見方や小さな枠にとらわれず、心の迷いがなくなる」という意味があります。

 しかし、現代日本の40代世代は、惑うことなく毎日を送っていると言えるでしょうか。むしろ逆で、仕事でも人生でも思い切った決断をすることができず、迷ってばかりだという人が多いのではないでしょうか。

40代は人生でいちばん“惑う”時期

 40代サラリーマンを取り巻く昨今の仕事環境は、たいへん厳しい状況になってきています。いまは旧来の仕事観や価値観が大きく変貌しつつある過渡期。かつては通用したビジネスモデルやロールモデルがどんどん通用しなくなっています。そんな状況の中で、働き盛りの40代世代は、組織の中心的存在としてビジネスを引っ張っていかねばなりません。先行きの見えない状況下において手探りで成果を出し続けていくことは、非常に大きなストレス負担だといえるでしょう。

111215otokobook.jpg 「40代男塾」

 それに昔と違って、いまは40代の8割が課長になれないという時代です。仕事をがんばっても昇進するポストはなく、給料も年々下がってきています。先々の生活がどうなるか、不安を感じている人も多いことでしょう。かといって会社が生活を保障してくれるわけでもなく、仕事でずっと結果を出し続けていなければ、リストラの影もチラついてきます……。

 おそらく、「果たしてこのまま会社に居続けるべきか、それとも、いっそ起業でもして自分が本当にやりたいことをやるべきか」といった思いを胸に抱いている人も多いはずです。

 しかも、40代と言えば、仕事だけでなく家庭においても何かとしがらみが多くなる時期。家のローンや子供の教育のほか、親の介護の問題なども視野に入ってくることでしょう。孔子の言葉に逆らうわけではありませんが、40代は、人間の一生の中でいちばん迷いや戸惑いを抱えやすい年代なのかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆