連載
» 2012年03月28日 08時00分 UPDATE

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:ソーシャルメディアの投資収益率 (1/3)

経営者が納得する、ソーシャルメディア管理とビジネスにおける効果測定方法。

[エグゼクティブブックサマリー]
エグゼクティブブックサマリー

 この記事は、洋書配信サービス「エグゼクティブブックサマリー」から記事提供を受け、抜粋を掲載したものです。サービスを運営するストラテジィエレメントのコンサルタント、鬼塚俊宏氏が中心となり、独自の視点で解説します。

3分で分かる「ソーシャルメディアの投資収益率」の要点

120328book.jpg
  • ソーシャルメディアのコミュニケーションツールは、今日の「キャンプファイア」のような役割を果たす。人々がオンライン上に集まり、相互作用するのを促している
  • 自社のソーシャルメディア活動は、ビジネス目標を達成することに力を注ぐものでなければならない
  • そのための、最も簡単ではないが最善の方法は、統一された適切なソーシャルメディアプログラムを立ち上げることである
  • ソーシャルメディアプログラムは、企業のさまざまな部署にとってプラスとなる。最も顕著に恩恵を授かるのは、営業部、広報部、人事部である
  • ソーシャルメディアプログラムは、自社と自社の目標が独特のものでなければならない
  • ソーシャルメディアは、既存および新規の顧客と良い関係を築く上で役に立つ
  • ソーシャルメディアプログラムは、マーケティング・キャンペーンの試験、適合、再試験に活用できる
  • ソーシャルメディア活動を常に測定すること
  • ネット上で、顧客に「認知」してもらうこと。「認知」はいずれ「好み」になり「忠誠心」になり、やがて「伝道活動」に変わる
  • 自分より知識がある人に相談し、学んだことを他の人と共有すること

この要約書から学べること

  • ソーシャルメディアはどのようにして企業の役に立つのか
  • ソーシャルメディアプログラムを計画し、組織し、管理する方法
  • 活動の結果を測定し、評価する方法

本書の推薦コメント

 ブランド戦略家であるオリヴィエ・ブランチャードは、ソーシャルメディアの概要をまとめた素晴らしい本書の中で、包括的な情報と有益なアドバイスを提供しています。ソーシャルメディアプログラムを計画し、組織し、管理し、その結果を測定し評価する方法を説明しています。

 市場にはソーシャルメディアに関するマニュアル本がすでに溢れかえっていますが、本書は知識が沢山詰まった参考になる1冊であり、ソーシャルメディアプログラムの結果測定に関する新しい洞察を提供しています。急成長を遂げ、興味深く時には不可解なソーシャルメディアの世界を活用したいと望んでいる全ての人に本書をお薦めします。

 ソーシャルメディアとは、利用者が情報を発信しながら構築するメディアを示します。その利用者の発信する情報は不特定多数の他の利用者の閲覧が可能であり、更にそれを見た他の利用者がその情報に対して直接何らかのメッセージを伝えることができる一つのネット上のコミュニケーションツールです。

 また、利用者同士のコミュニケーション促進のためのさまざまな施策がされており、それによってネット上の口コミ効果が更に増すことにもなります。ソーシャルメディアにはブログや、FacebookやTwitterといったソーシャルネットワークサービス、また、YouTubeなどのビデオ投稿共有サイトなど、それぞれに大きな特徴があります。

 企業にとってみればこれらをいかに生かすかによって、力強いマーケティングツールにもなり得るわけです。実際の所、無料で利用できることも大きなメリットでもあり、個人がこうしたツールをフル活用することで大きな利益を上げているケースもあるわけです。それ故に企業においても、これを使うことは、無駄なコストを使うことなく効率的なマーケティング活動をすることができる訳です。

 確かに多くの企業がソーシャルメディアに対して大きな注目をしています。果たしてその中のどれくらいの企業が効果的な活用ができているのでしょうか? また、収益は上がっているのでしょうか?

 本書「ソーシャルメディアの投資収益率」では、ソーシャルメディアの活用が企業にどれだけの貢献を示すのかを再認識させてくれるとともに、企業独自のプログラムの構築、管理、運営のノウハウから、その活用における効果測定と評価の方法まで全てを解説しています。

 もし、御社に公開したままのソーシャルメディアがあったとしら是非本著からより効果の出るソーシャルメディアの活用方法を学んでください。

ソーシャルメディアが企業にもたらす恩恵

 ソーシャルメディアプログラムの立ち上げは労力を要するものですが、その努力も、プログラムを立ち上げることで得られる恩恵が数多くあることから、実行する価値のあるものです。ソーシャルメディアは、新旧の顧客と強固な関係を結ぶ上で役に立ってくれます。

 ソーシャルメディアはコミュニケーションツールであり、「ソーシャルビジネス」に直接つながっていくものです。現代の「キャンプファイア」のような役割を持っており、オンライン上に人々を集め、互いに繋がりを持つよう促すことができます。

 ソーシャルメディアを活用すれば、企業もこのような繋がりに参加することができますし、顧客と接触すると同時に顧客の詳細なマーケティング情報を入手することが可能になります。このように、ソーシャルメディアのコミュニケーションツールは効果的なうえ、あまり費用がかかりません。さらに、次のような数多くの企業の機能にとって役立つものです。

効果的に企業の機能向上を図る!

 ・営業部:ソーシャルメディアを活用すれば、営業部は新たな販売利益を生み出すことができます。さらに、販売促進活動に役立たせ、マーケティング活動を強化することができます。

 ・カスタマー・サポート部:ソーシャルメディアサイトを使えば、消費者からの問い合わせや問題にすぐ対応することができます。そうすることで、「デジタル・コンシェルジュ・サービス」を提供し、顧客サービスのレベルを一段階上げることができます。

 ・人事部:LinkedInなどのソーシャルメディアを活用すれば、従業員の採用は容易になります。

 ・広報部:人々が自分の会社についてどう考えているのかを知り、好意的な印象を持ってもらうために、ソーシャルメディアネットワークなどのオンライン・ソースやネット上の顧客をモニターすることが重要です。

 ・ビジネス・インテリジェンス部:顧客に関する有益な情報を安く簡単に入手するには、インターネット検索をすることが重要です。

 ソーシャルメディアとは、コミュニケーションツールなのですから、顧客とのコミュニケーションのみならず社内の情報共有にも大きな貢献をするものでしょう。いわばガラス張りの組織を作るためにも大切なものです。ここでは一例として各部署でどのような恩恵を受けるかについて書かれています。もちろん、これだけではないと思います。企業それぞれで独自の活用法もあると思いますので、自由な発想で試してみるのも良いのではないでしょうか?

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2014 エグゼクティブブックサマリー All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆