連載
» 2009年12月14日 08時15分 公開

【最終回】新時代のイノベーションを実現するリーダー潮目を読む(2/3 ページ)

[椎木茂(IBCS),ITmedia]

グローバルと日本の相違点

 次に上記の6つの役割について、グローバルと日本の相違点を見てみましょう。グローバルの高成長企業のCIOは6つの役割すべてにおいて特性値が高いのではなく、「洞察力に富んだ先見者」、「協働するビジネスリーダー」、「有能な実務者」が特に高いという結果が出ています。対して日本企業は「組織を活性化するITサービス提供者」の特性値が高いことが大きな特徴です(図2)

<strong>図2</strong> 高成長企業におけるグローバルと日本の相違点 図2 高成長企業におけるグローバルと日本の相違点

 理由としては、日本ではCIOがIT専門担当役員である割合が35%であるのに対し、グローバルでは75%と、CIOの位置付けが大きく異なっています。このことが、グローバルと日本のCIOの差異を作り出している主たる要因ではないでしょうか。つまり、日本ではCIOがボードメンバーに入っていることが少ないので、経営に影響を及ぼしづらいという状況にあるのです。グローバルの高成長企業では、CIOとサブCIOの役割分担を明確にして、CIOはより経営に近い部分を受け持っていることも要因の1つでしょう。

 端的にいえば、グローバル企業のCIOはビジョンを持った経営層の一員であるのに対し、日本企業のCIOはIT部門長であり、これを「CIO」と称して良いのかという疑問が生まれてきます。「自分はビジネスとITの融合に積極的な活動をしている」と回答しているCIOは、グローバルと比べて日本は約半分という結果がそれを裏付けています。

 ビジネス側からのCIOの役割を見た場合、「ITサービス提供」と「事業および企業ビジョンの具現化」の割合では、グローバルが3:2であるのに対し、日本では3:1と、CIO自身だけでなく、ビジネス側も「ITサービス提供」という役割に軸足を置いてCIOを見ているのが現状です。「ビジネスとITの融合」の実践とビジネス成長との相関を見ても、グローバルでは両者の相関は非常に高いのですが、日本ではその相関が判然としていないのが現状です。日本企業のCIOは今後さらにビジネスにかかわり、ビジネスに直接貢献することが求められてくるでしょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆