ニュース
» 2010年10月28日 07時49分 公開

絶えず改善し続けるeBay、十数ペタバイトの「Big Data」も分析Teradata PARTNERS 2010 Report(2/2 ページ)

[浅井英二,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Hadoopも連携、「データは1バイトも捨ててはいけない」

3種類のデータベース技術を目的に応じて組み合わせ、WebログのようなBig Dataも活用している(クリックで拡大)

 「特異点」を意味するSingularityは、利用者の行動履歴をWebサーバが生成するログデータから把握し、購買履歴と掛け合わせながら、より高度な分析を行うeBayのプロジェクトコードネームだ。TeradataとeBayが共同開発したもので、2008年のPARTNERSでは「Extreme Data Appliance」として製品化もされている。少ないユーザーが大量のデータを分析する目的に適した比較的ローコストなTeradataデータウェアハウスであり、大容量のディスクを採用することで経済的に187ペタまでスケールさせることができる。

 Webログデータの分析には、先進的な企業がHadoopを使い始めているが、テーブルの複雑なジョインが難しい、負荷の管理ができない、データマートと同じでガバナンスが難しい、などの欠点がある。

 「Singularityは、ちょうどエンタープライズデータウェアハウスとHadoopの良いところを合わせたシステムを目指して開発した。もちろん、Hadoopは優れた技術であり、われわれもイメージの分類やパターン認識などに活用している。今後はTeradataとの双方向の連携も進み、利用は拡大していくだろう」とラッツェスバーガー氏は期待する。

 一般には、Webログは「非構造化データ」とされているが、ラッツェスバーガー氏はその呼び方を好まない。

 「わたしは“非構造化”という言葉は好きではない。どんなデータも何らかの構造を見つけ出し、情報として分析することができるからだ。財務的に許されるなら1バイト足りともデータは捨ててはいけない」(ラッツェスバーガー氏)

 ラッツェスバーガー氏はこうしたデータを「セミ・ストラクチャード」(半構造化)と呼び、磨けば輝くダイヤモンドの原石のように大切にする。Singularityに蓄積し、利用者の昨年の行動履歴と今年のそれを比較したり、購買履歴と掛け合わせて生かしている。

 「特効薬はない。どの技術にも一長一短があり、複数の技術を相互補完的に連携させることが重要だ。それにより行動履歴と購買履歴を組み合わせて分析でき、そこから素晴らしいインサイト(洞察)が得られるはずだ」とラッツェスバーガー氏は話す。

分析のための社内コミュニティーも

 「分析がDNA」というeBayにあっては、分析のための社内コミュニティーづくりも大切な取り組みだ。eBayの分析基盤ではテーブル総数が6万に上る。メタデータを幾ら整備しても、利用者は求めているものをなかなか見つけられない。

 ラッツェスバーガー氏は「harmony」と呼ぶ社内SNSを立ち上げ、利用者同士が互いに教え合ったり、優れた分析データをレコメンドできるようにした。マイページに自分の分析データを貼り付けることで、ディスカッションを通じて貴重なフィードバックを受けることもできる。

 「フォローしている社員が新しいアナリティクスを作成した、あるいは改良した、ということがすぐに分かる。レイティングしたり、レコメンドしたり、共有することで互いの知見を分かち合うことができる」とラッツェスバーガー氏は話す。

関連キーワード

eBay | Teradata | Apache Hadoop | Teradata PARTNERS


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆