連載
» 2019年08月19日 07時06分 公開

部下から信頼されるエグゼクティブとは:令和の時代だからこそ振り返りたい部下育成5つの心得 (1/2)

時代が変われども、変わらない上司として、リーダーとしての部下育成心得とは?

[朝倉千恵子,ITmedia]

 部下から信頼されるエグゼクティブとは――

 そんなテーマで届けてきたこの連載も、今回が最終回となります。昭和から平成、そして令和へと移り変わる中で上司と部下の関係も大きく変わりました。そしてこれからもきっと変わっていくでしょう。この連載の最後に、時代が変われども、変わらない上司として、リーダーとしての部下育成5つの心得をお届けします。

心得その1:「部下の一面だけをみて判断してはならない」

 上司から指示を受けたとき、「はい!かしこまりました!」と爽やかな気持ちのいい返事をする部下と、ふてくされた顔で「はあ、分かりました」とぶっきらぼうな返事しかできない部下がいたとします。一般的に、上司への対応としてふさわしいのはもちろん前者です。ついつい前者のような部下を可愛がってしまいたくなるものです。しかしこれだけで、前者が素直でいい部下で、後者が不真面目な部下だということはできません。

 返事だけは立派で、行動が伴わない部下もいます。自分の非を認めつつもいっこうに直らないのです。反対に、すぐにカチンときた感情を表に出してしまったとしても、後から反省し、自らの非を改めようと努力し確実に変わっていく部下もいます。

 私たちはいつも、目に見える情報だけで物事を判断しがちです。初対面の人と会ったときにはその人のパッと見た目の印象で「こんな感じの人だろうな」と推測したりもします。“人は見た目で判断する”ということは知っておかなければなりませんが、自らが評価をする立場にあるときには、見た目や好き嫌いで人を判断しないよう気を付けなければなりません。

心得その2:「リーダーは引くを覚えるべし」

 役職がつく、リーダーになる、部下を持つ。多くの場合はプレイヤー時代の実績が認められた結果です。つまり、プレイヤー時代に一段と光り輝いていたからこそ、リーダーになることができるといえます。しかし、リーダーとなったら、今度は一転して、主役の座から降りるべきだと私は考えています。光があれば影ができる。上司にスポットライトが当たっている以上、どんなに優秀な部下でもいつまでたっても脇役のままです。

 これは私自身が経験したことでもあります。起業して間もないころ、こんなことを言われました。「朝倉さんがいなくなったら、この会社は終わりなんじゃないの?お宅の社員は無能…あなた以外はダメなんじゃないの?」

 当時は全ての研修依頼を1人でこなしており、ほぼ毎日、研修や講演のために、全国を飛び回っていました。私が倒れたら終わってしまう、という状況でした。その時はとても腹立たしい思いがしたものの、今、冷静に考えればその手厳しい指摘もうなずけます。

 私にスポットライトが当たっている以上、その影でどれだけ部下が一生懸命仕事をしてくれていたとしても、その部下に日は当たっていなかったのです。

 リーダーに求められるのは、チームを、組織を強化すること。リーダーの仕事は、部下を育て持ち上げることであって、部下を使って自らを引き立てさせることではないのです。

心得その3:「部下の可能性を信じるべし」

 以前にも伝えましたが、部下を育てるためには仕事を与えるしかありません。このとき、誰にでもできるような簡単な仕事を与えても成長にはつながりません。あなたが「これだけは自分でやらないといけない」と思うような仕事こそ、部下に任せてほしいのです。部下は上司が想像している以上に優秀です。信じて任せるのみ、です。

 私は、営業と講師から身を引きました。どちらも「これだけは私がやらなければならない」と思っていた大好きな仕事です。営業を全て部下に引き継いだ翌年には、業績が2倍以上アップしました。講師を引き継いだことで、今や私を超えるスーパー講師も誕生し、受注できる研修の数も以前の比ではありません。私が1人でやっているだけでは、到底到達できなかった領域に今、あるのです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆