ニュース
» 2007年09月27日 16時17分 UPDATE

最大50%削減――日立、データセンターの省電力プロジェクトを開始

日立製作所は、今後5年間でデータセンターの消費電力を最大50%削減することを目標としたプロジェクトを立ち上げた。

[ITmedia]

 日立製作所は9月27日、今後5年間でデータセンターの消費電力を最大50%削減することを目標としたプロジェクト「CoolCenter50」を立ち上げたと発表した。これを取りまとめる専任組織「省エネセンタ推進部」を、同社の情報・通信グループアウトソーシング事業部内に10月1日から設置するという。

 データセンターでは、サーバやストレージなどのIT機器の増加により、電力消費が大きくなるだけでなく、それらを冷却する空調機器や電源装置などでも多くの電力を消費している。

 CoolCenter50では、IT機器や空調機器などの装置や設備自体を省電力し、機器に応じた空調制御などから電力を最適化する技術を開発する。またこれらの取り組みから得られる省電力化のノウハウを事業や製品に取り入れて提供するという。

 日立が持つサーバ冷却技術や仮想化によるサーバ統合、ストレージの仮想化技術に加え、日立グループ各社の技術を取り入れた技術開発を行う。具体的には、日立アプライアンスのデータセンター向け空調機や、日立プラントテクノロジーのプラント管理などの技術が適用される。

関連キーワード

データセンター | 日立製作所 | 仮想化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆