ニュース
» 2007年11月05日 07時00分 UPDATE

Officeに新たな価値を鍵を握るのはSharePoint?――MSのビジネスソリューション戦略

「ビジネスプロダクティビティインフラ」構想をベースに、ビジネスソリューション分野に攻勢をかけるマイクロソフト。Office製品との連携を生かした製品を続々と投入する。

[松岡功,ITmedia]

 「社員力を、経営力に。」とのキャッチフレーズで、このところマイクロソフトがOffice systemによるビジネスソリューション展開で一大攻勢をかけている。同社は昨年11月に発表した2007 Office systemにおいて、デスクトップ向けOffice製品に加えて、ビジネスソリューション製品群からなる「ビジネスプロダクティビティインフラ」構想を打ち出した。これによって、デスクトップ向けOffice製品がこれまで貢献してきた個人の仕事の生産性向上だけでなく、企業におけるビジネスの生産性向上にも役立つソリューションを、Office systemの名の通り「システム」として総合的に提供していこうというのが同社の狙いだ。

5つのソリューション分野にフォーカス

 そして同社はこのほど、5つのビジネスソリューション分野にフォーカスし、それぞれに戦略製品を投入し始めた。フォーカスした5つの分野とは、ユニファイドコミュニケーション(UC)、コラボレーション、エンタープライズサーチ、エンタープライズコンテンツ管理、そしてビジネスインテリジェンス(BI)といったソリューションである。さらにこれらを、セキュアで管理されたITインフラと、他の業務システムなどとの連携を可能にするOfficeビジネスアプリケーションサービス(OBA)が支える仕組みとし、ビジネスプロダクティビティインフラの全体像を明確にした(図参照)。

マイクロソフトのビジネスプロダクティビティインフラ マイクロソフトのビジネスプロダクティビティインフラ

中核的存在を担うOffice SharePoint Server

 このビジネスプロダクティビティインフラを普及させていくうえで、同社が最重点の戦略製品と位置付けているのが、さまざまなビジネスソリューション機能を持つ「Office SharePoint Server 2007」だ。具体的には、ポータル機能をベースにコラボレーション、エンタープライズサーチ、エンタープライズコンテンツ管理をカバーし、ビジネスプロセス管理やBIとの連携機能を装備。同製品は「2007」で3度目のバージョンアップとなるが、まさにビジネスプロダクティビティインフラの中核的存在といえる。

 また、UC分野では、企業用インスタントメッセージング(IM)、プレゼンス、会議、および統合コミュニケーションに必要な機能を集約し、最適なコミュニケーション手段を施すことによってビジネスに俊敏性をもたらす「Office Communications Server 2007」が戦略製品として投入された。とくに従来のデスクトップOffice製品との密な連携によって、日々のビジネスプロセスの中に埋め込まれたUCを実現できるのが同製品の大きな特長だ。その実際のオペレーションを見れば、誰もが次世代のコミュニケーションスタイルといわれるUCを実感することができるだろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆