ニュース
» 2007年11月08日 18時00分 UPDATE

新コールセンターシステムで顧客サービス向上狙う、三井住友海上メットライフ

少子高齢化や公的年金制度の改革などを背景に、急成長する個人年金保険市場――三井住友海上メットライフ生命保険は、より迅速で、きめ細かい顧客対応を行うため、コールセンターシステムを刷新した。

[ITmedia]

 三井住友海上メットライフ生命保険は、コンソナ・ジャパンが提供する「ONYX Adaptive CRM」(ONYX)を基盤にしたコールセンターシステムを10月17日に稼働させた。

 少子高齢化や公的年金制度の改革などを背景に個人年金保険市場は急成長しているが、契約数の増加に伴って、より迅速で、きめ細かい顧客対応が求められている。これに対応するためコールセンターシステムの刷新した。

 新コールセンターシステムの導入により、顧客データの一元管理が可能になり、入電時のオペレーターの操作画面には契約内容やコンタクト履歴が即時に表示さら、正確で迅速な顧客対応が行えるようになったという。顧客からの問い合わせ内容や苦情・意見は、データとして蓄積・分析され、部門間で横断的に共有化して、カスタマーサービスの向上が図れるようになったとしている。

 CRMパッケージには、コールセンターソリューションとして多くの実績を持つONYXを採用。三井情報がシステム基盤の構築を担当した。導入プロジェクトの管理はアビームコンサルティングが行い、6カ月でシステム構築を完了させたという。

関連キーワード

年金 | コールセンター | CRM


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆