ニュース
» 2007年11月13日 01時00分 UPDATE

Oracle OpenWorld 2007 San Francisco Report:Oracle創業30年の舞台裏を語るエリソンCEO (1/2)

ベテランズデーと日曜日が重なった11月11日夕方、カリフォルニア州サンフランシスコのダウンタウンは、4万人を超える顧客やパートナーらが事前登録した「Oracle OpenWorld 2007 San Francisco」が開幕し、ごった返している。

[浅井英二,ITmedia]

 「きょうの日は共同創業者のボブ・マイナーに捧げ、そして今週(のOracle OpenWorld)はみなさんのために準備した」── Oracleのもうひとりの共同創業者であり、今も同社を率いるカリスマ、ラリー・エリソン会長兼CEOはモスコーニセンターの会場を埋めた8000人の顧客やパートナーらに話した。今年はOracleの創業30周年であるとともに、共同創業者・マイナー氏の没後10周年でもある。

ellison01.jpg 「Sunday Night Live 30」と名付けられたオープニングセッションに登場したエリソン氏

 米国時間の11月11日夕方、ベテランズデー(退役軍人の日)と日曜日が重なり、ただでさえ賑やかなカリフォルニア州サンフランシスコのダウンタウンは、4万人を超える顧客やパートナーらが事前登録した「Oracle OpenWorld 2007 San Francisco」が開幕し、ごった返している。市内のホテルとモスコーニセンターを行き来する数十台の大型シャトルバスが夕方の渋滞に拍車を掛け、目抜き通りのマーケットストリートでは、イラつくドライバーがクラクションを鳴らす。

entrance01.jpg オープニングセッションを控え、モスコーニセンターには夕方早くから長蛇の列が出来た

 1990年代半ばからスタートしたOracle OpenWorldだが、日曜夕方のオープニングにエリソン氏が姿を見せたのは初めてだ。「30 Years Behind the Scenes at Oracle」(Oracle、30年の舞台裏)というテーマどおり、彼は同社の今日までの歩みを支えた功労者たちを懐かしく語り、その功績を称えた。

 共同創業者のマイナー氏はもちろん、初めての営業マンとして雇用されたボブ・レイガー氏や、だれもバランスシートのことが分からない中、帳簿を付けたジョン・ケンストン氏の昔話に花が咲き、エリソン氏の持ち時間はどんどん過ぎていく。当時、カリフォルニア大学バークレー校で会計学を学んでいたケンストン氏は、アルバイトのピザ配達でしばしば創業間もないOracleオフィスを訪れ、エリソン氏から初代CFOにスカウトされたという。世の中、何が縁か分からない。

ellison02.jpg 共同創業者のボブ・マイナー氏らとともに写真に収まる若き日のエリソン氏。昔話に花が咲き、同氏の予定時間は大幅に超過した
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆