ニュース
» 2007年11月19日 20時13分 UPDATE

高成長のオンラインストレージ――サプライチェーンのデータ交換採用で

インターネットを介してデータ共有を行うためのオンラインストレージは、サプライチェーン全体のデータ交換に採用されるなど、40%超の高成長を記録しているという。IDC Japanは、国内ストレージユーティリティサービスの市場予測を発表した。

[ITmedia]

 IT専門調査会社のIDC Japanは11月19日、国内ストレージユーティリティサービスの市場予測を発表した。2006年〜2011年までの5年間で年平均11.1%の成長を予測している。

th_idc.jpg 国内ストレージユーティリティサービス市場 売上実績および予測(2006年〜2011年)出典:IDC Japan

 (1)データセンターやホスティングを利用するユーザーに対しストレージ利用をサービス提供する形態と、(2)インターネットを介してデータ共有を行うためのストレージASPに分類。前者を「データセンターストレージサービス」、後者を「オンラインストレージ」と呼んでいる。

 2005年は停滞傾向が続くデータセンターストレージサービスと、高成長のオンラインストレージと差が見られたが、2006年もその傾向は続いた。

 特に、後者のオンラインストレージは、大口企業ユーザーがサプライチェーン全体でデータ交換の標準方法として採用するケースが増加するなど、前年比41.3%という大幅な売上増を記録したという。過去にはセキュリティの懸念が阻害要因となったが、現在では暗号化などのセキュリティ機能が強化され、むしろセキュリティ機能を理由に利用が増えているという。

 一方でストレージサービスは、容量単価が下落する中、価値訴求で決め手に欠ける状況が続いている。しかし今後は、データセンターの堅牢なセキュリティが着目され、事業継続対策などコスト面以外のメリットにより市場が拡大する、とIDC Japanでは予測している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆