ニュース
» 2007年11月26日 01時21分 UPDATE

国内企業は日本IBMに強いブランドを感じる――国内ITブランド調査2007

国内企業は日本IBMに強いブランドを感じている――アイ・ティ・アールの「国内ITブランド調査2007」からは、ITベンダーのブランドは長期にわたる実績の積み重ねで醸成されることが見て取れる。

[ITmedia]

 アイ・ティ・アールは11月26日、ユーザー企業がITベンダーに対して持つブランド評価を調査した「国内ITブランド調査2007」の結果を発表した。

 同調査は2007年5月から7月にかけて実施されたもので、国内企業の情報システム部門および経営企画部門の部門長以上を対象に2万5000人に調査票を送付、有効回答件数324件を得た。

 サービス、技術、価格の現在と将来など6項目の総合評価ランキングは以下のとおり。

総合順位 ベンダー 総合ポイント
1位 日本IBM 6715.0
2位 富士通 4695.0
3位 NEC 3502.5
4位 日立製作所 2832.5
5位 HP 2760.0
6位 マイクロソフト 2450.0
7位 NTTデータ 1855.0
8位 デル 1840.0
9位 オラクル 1770.0
10位 野村総合研究所 1635.0
ITベンダー総合評価ランキング(出典:ITR『国内ITブランド調査2007』)

 上位4社は2002年に同社が実施した同様の調査結果と変わらないなど、市場でのブランド力の形成と維持には、継続的な実績の積み重ねの重要性があらためて浮き彫りになった一方で、5位の日本HP、8位のデルなど、新たにトップ10入りを果たしたベンダーも存在しており、ブランドに対する評価に変化が生じている傾向も見られる。

 併せて、同調査では、ハードウェア、ソフトウェア、サービス分野に関する13分野ごとに、ユーザー企業が支持しているベンダーも調査している。DBMS分野では、今後支持するベンダーの上位3社はオラクル、マイクロソフト、IBMで、それに続いてMySQLやPostgreSQLなどの名前が挙がっている。

 さらに、SFA/CRM分野では、今後支持するベンダーの1位に、SAPを上回ってセールスフォース・ドットコムが選ばれるなど、特定分野においては新しいベンダーの台頭も確認される。

関連キーワード

ブランド戦略 | ベンダー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆