ニュース
» 2007年12月11日 09時00分 UPDATE

「日本はSAPに匹敵する製品をつくれる」「電子政府は出来が悪い」 (1/3)

日本のIT分野における国際競争力の向上に向けた、パネルディスカッションが「ワセダCIOフォーラム」で行われた。「日本はSAPに匹敵する製品をつくれる」「電子政府は出来が悪い」――など、産官学からのパネリストが議論を戦わせた。

[岡田靖,ITmedia]

「SAPに匹敵する製品をつくれないことはない」――マイクロソフト樋口COO

 「日本はIT分野に関しても数多くの特許を持っており、SAPに匹敵するような製品だってつくれないことはないと思う」――マイクロソフト代表執行役COOの樋口泰行氏は、日本のIT産業の技術力を高く評価している。

 ユーザーとベンダー双方の経営者を経験してきた同氏は、世界に通用する日本のソフトウェア製品が登場しないのは日本企業の「戦略の欠如」が原因ではないか、と分析している。

 「日本のソフトウェア会社は『一品物』のつくり込みに慣れてしまって、国際的に売り出すようなパッケージをつくるという考えがなかなか出てこない」

樋口泰行氏 マイクロソフト代表執行役COO樋口泰行氏

 これにはユーザー企業サイドにも原因がある。

 「米国などではITのインテリジェンスがユーザー側にあることが多いが、日本ではRFPに対してベンダーが全部やるのが一般的。その結果、ベンダーの思惑が強く出てしまい、しばしば戦略にリンクしないIT投資が行われる」

 日本のソフトウェア業界のためにも、技術を理解し、明確なビジョンと戦略を持っているCIOの存在が必要だとの考えだ。経営不振に陥ったダイエーの再建を任された経験もある樋口氏だが、当時のIT環境はかなりひどいものだったようだ。それが、このような発言につながっている。

 「POSレジもハンディターミナルも機材が古すぎた。特にハンディターミナルはサポートが切れており、バッテリも劣化していて30分ももたない。だから、従業員は頻繁にバックヤードに戻る。システムがネックになって、必要な戦略が打てない状態だった」

 既にITは、オペレーションの効率化以上の戦略的な道具になっているものの、その発想が日本企業にはまだまだ希薄だ。そして、ここで引き離されたが最後、遅れを取り戻すには大変な努力が必要なことを痛感した。

 「マラソンと同じ。止まったら大変なことになると実感した。ダイエーの社員は素晴らしく、現場は死にものぐるいで頑張っていた。それでもうまくいかない。構造的な問題が大きかったのだ」

 樋口氏が日本企業の問題と感じるのは、総じて「戦略競争に弱い」という点だ。

 「部分最適を積み重ねて全体最適を作り出すような、高度経済成長を前提とした判断がなされている。現在のようなビジネスモデルの転換が求められる時代には弱みになるという側面もある」

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆