ニュース
» 2008年02月13日 13時22分 UPDATE

日産の情報システム革新「BEST戦略」 キーワードは「標準化」 (1/2)

1999年の経営危機から奇跡的な回復を遂げた日産自動車。それでも同社は改革の手綱をゆるめることはない。2006年からは情報システム部門を世界レベルにまで引き上げることを目指した「BEST戦略」に着手。その核となる施策は、情報システムの標準化だ。

[岡崎勝己,ITmedia]

世界に通用する情報システムを目指す「BEST戦略」

 2010年までにワールドクラスレベルの情報システム部門になる――仏Renaultからカルロス・ゴーン社長を迎え入れることで、奇跡的な回復に成功した日産自動車。さらなる競争力の強化に向け2006年から情報システム部門を開始したのが「BEST戦略」だ。

 BESTとは「Business Alignment」(業務部門と情報システム部門の関係強化)、「Enterprise Architecture」(情報基盤の最適化)、「Selective Sourcing」(ITベンダーとの関係の見直し)、「Technology Simplification」(テクノロジの標準化と簡素化)の頭文字を取ったもの。ビジネスと整合性の取れた情報システム戦略を実行する指針だ。

 IDSシェアーが1月に開催した「Scheer Seminar/ARIS Process Day Tokyo 2008」で、日産自動車グローバル情報システム本部エンタープライズ・アーキテクチャ部部長を務める佐野義仁氏が、同セミナーでBEST戦略の概要と、その実現に向けた具体的な取り組みを話した。

組織体制を刷新し、ビジネス部門の参画を促す

 BEST戦略は、日産自動車のITにまつわるコスト構造を入念に分析した末に分かった、日本、欧州、北米におけるグローバルビジネス展開の結果生じた問題を解消するために策定された。

 BEST戦略を進めるにあたって、同社がまず実施したのが(1)各ビジネスプロセスで用いられているITと、ITに起因するコストの徹底的な洗い出し、(2)ビジネス部門からITコストの年次予算に責任を負うリーダーの選出、(3)予算を協議するステアリングコミッティの設置――の3つ。

 この目的は一重に「業務部門が主体となってITシステムに責任を負えるようにするため」(佐野氏)だ。

 「投資の優先順位を付けるにあたっては、現場の声を無視することはできない。ITコストの透明性を高めてコストを削減につなげるには、情報システム部門がビジネス部門を巻き込んで作業を進める体制が不可欠」

 メスは当然、情報システム部門にも入れられた。組織構造をシステムのライフサイクルに即した「企画」「開発」「運用」という従来型の体制から「生産・物流」「マーケティング&セールス」「HR(人事)」「購買」といった業務ドメイン別の体制に変更したのだ。

 こうした一連の取り組みによって、BEST戦略の「B」を遂行できる体制を整備。その上で、同社は「E」を実行に移した。具体的には、EAの考えに則り、業務ごとに利用されているあらゆるアプリケーションのポートフォリオ分析を基に、情報システムのコストや利用頻度などの観点から、システムの「健康状態」を把握できる仕組みの構築に乗り出した。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆