ニュース
» 2008年02月26日 10時00分 UPDATE

三菱東京UFJ銀行のシステム統合「8合目まで過ぎた」 (1/2)

三菱東京UFJ銀行の巨大システム統合プロジェクトが進んでいる。システム部長の根本氏は「進捗は予定通り。8合目まで過ぎた。運転免許の講習なら路上運転に入ったところ」と説明する。

[堀哲也,ITmedia]

 三菱東京UFJ銀行の巨大システム統合プロジェクトが進んでいる。5月から予定している「Day2」と呼ばれる国内勘定系システムなどの統合に向けて、三菱東京UFJ銀行は2月25日、説明会を開催した。

 旧東京三菱銀行と旧UFJ銀行2行が合併して2006年に誕生した三菱東京UFJ銀行は現在も、旧2行のシステムが併存している状態。今年1月までの「Day1」によって、海外系や市場系のシステムは一本化を終えたが、残る国内勘定系などのシステム統合という総仕上げが残されている。

 両行のシステム統合は、開発規模11万人月、システム投資は計3300億円にも上る巨大なシステム統合プロジェクト。また、社会的にも影響の大きいITプロジェクトとしても注目される。この統合が完了すれば、これまで旧2行で異なっていたサービス・商品を一本化でき、統合によるシナジー効果を本格的に生み出せるようになる。

根本武彦氏 三菱東京UFJ銀行執行役員システム部長の根本武彦氏

 「念には念を入れているが、品質のことだから最後まで分からない」と言うのは、三菱東京UFJ銀行執行役員システム部長の根本武彦氏。総仕上げに向けて、入念なリスク分析と評価、再三のテストを計画通りに進めてきたものの、最後まで気を抜けない心境を話した。

 システム統合プロジェクトにあたっては、経営会議の直下に、外部の有識者も参加した「システム統合委員会」を設置。その下でシステム統合推進部が組織され、業務部門とシステム部門のPMO(Project Management Office)を統括する。ピーク時の要員はパートナーを含め6000人がかかわり、開発拠点は22個所にもわたる。サブシステム数は200以上。

 現在は、最終のテストフェーズにあたる「最終確認テスト」の段階。本番リリースに向けて、全体品質の最終確認を行う。本番システムを用いて全営業店を接続してみる全店リハーサルの1回目を2月10日に終了したばかり。5月までにもう2回実施する予定だ。

 根本氏は「進捗は予定通りに進んでいる。8合目まで過ぎた。運転免許の講習なら路上運転に入ったところ」と説明する。進捗と品質確認状況はサブシステムごとに可視化して管理しており、前テストフェーズにあたる総合テストで洗い出したトラブルは全件対応したという。

 過去に蓄積された経験からコードのボリュームなどに応じて摘出される不良件数は事前に予測できる。「不良摘出の割合は80%から120%が想定される」が、それより少なければ、怪しいと事前に察知できるという。

 「不良摘出件数が少ないものは、本当に品質が良いのかどうかは分からないので、追加テストなどで徹底的に不良を見つけ出した」

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆