ニュース
» 2008年03月19日 12時18分 UPDATE

日本の経営層の意識は世界より3年遅れ

日本の経営層の意識は世界より3年遅れている――2008年にCIOが抱える課題について、ガートナーが調査結果を発表した。

[ITmedia]

 ガートナー ジャパンは3月19日、CIO(最高情報責任者)が抱える2008年の課題を調査した「ガートナーEXP CIOサーベイ」の調査結果を発表した。

 日本および世界のCIOが抱える課題の1位は「ビジネスプロセスの改善」だった。経営層の意識は、IT機能や業務処理サービスを提供する開発・運用担当者から、全体的に見るプロセスマネジメントの責任者に移っているという。同項目は世界において4年連続1位だが、日本では初の1位となった。ガートナーは「日本の経営トップのCIOやITへの意識は世界より3年程度遅れている」と分析している。

image 2008年におけるビジネス面での優先度の順位(出典:ガートナー)

 CIOが優先する技術について、日本は「顧客へのセールスおよびサービスのための技術」が1位だったが、世界では10位以内に入っていない。世界では3年連続で「ビジネスインテリジェンス」が1位となっている。安くて質の良い製品を提供する「製品重視」の考え方に加え、顧客や製品の情報分析が望まれている。

image 2008年における技術面の優先度の順位(出典:ガートナー)

 CIOが優先する戦略について、日本では「ITガバナンスの改善」が1位となった。同項目は世界では7位だったことから、J-SOX法対応への意識が表れた結果となった。ほかの項目は日本と世界で上位5項目でほぼ同じ回答となり、戦略面では世界に遅れをとっていないことが明らかになった。

 同調査は、2007年10〜12月に実施。世界33カ国、1500人以上のCIOの回答を得た。回答者が所属する組織のIT予算の合計は約1320億ドル以上。日本からは28人のCIOが回答した。日本企業のIT予算の合計は約5500億円となった。

関連キーワード

CIO | 経営 | ITガバナンス | SOX法


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆