連載
» 2008年04月07日 13時07分 UPDATE

新世紀情報社会の春秋:ゲーム機が切り開くビジネス市場――PCの限界を侵食 (1/2)

ゲームの世界はもはや単なるエンターテイメントの一部ではなく、情報社会の今後の展開に非常に重要な役割を果たす存在となりつつある。

[成川泰教(NEC総研),ITmedia]

ウェブの世界に新しい局面

 最近、ゲーム市場の現状と展望についてまとめる機会があった。といっても、筆者はこの領域にあまり明るくはない。自宅には十数年前に買ったソニーのプレイステーションとソフト数本があるものの、引越し時の梱包は解かれていないままだ。読者のなかには、子供にせがまれてゲーム機を買い与え、自分もハマってしまったという方もいるかもしれない。

 現在の家庭用ゲーム機市場では、マイクロソフトのXbox360、任天堂のWii、そしてソニーのPS3という3大プラットフォームが、しのぎを削る形で争いが繰り広げられているのはご存知の通りだ。すべての製品が出揃った2007年末の時点では、欧米を中心に先行するXbox360に対して、Wiiが日本国内を中心に驚異的に出荷を伸ばし、出遅れ感のあったPS3もようやく年後半になって出荷が伸び始めた。携帯型ゲーム機でも、DSで大きく先行する任天堂に対して、ソニーのPSPも少しずつ伸び始めているという展開だ。

yu_fit2.jpg 欧米にも出荷される「Wii Fit」

 ゲームの世界はもはや単なるエンターテイメントの一部ではなく、情報社会の今後の展開に非常に重要な役割を果たす存在となりつつある。メディアやAVの世界がWebを中心とした大きな変革のなかで、主に流通という側面から一方的に変革を迫られている状況であるのに対して、ゲームの世界はより幅広い側面から、成熟しつつあるウェブの世界に新たな展開をもたらそうとしているように見える。今回はゲームがこれからの情報社会にもたらそうとしている変化の本質について少し考えてみたい。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆