連載
» 2008年10月14日 08時15分 UPDATE

ミドルが経営を変える:【第8回】商家の歴史から現代企業は何を学ぶか (1/2)

経営学において、これまで「異端」とされてきた伝統的な日本企業の研究が注目を集めている。数百年と続く長寿企業を分析して現代の経営に生かそうとする動きも多いという。

[吉村典久(和歌山大学),ITmedia]

「ミドルが経営を変える」バックナンバーはこちらから。

 旧知のビジネスマンの方に、「何百年の歴史を誇る会社や同族会社の経営について関心があります」と話すと、「専門は経営学の中でもはやりの戦略論でしたよね。歴史研究にでも変わったのですか?」と言われてしまうことがある。筆者の専門分野は経営学、その中でも経営戦略論(それと関連する企業統治論)のままだ。

 経営学研究の世界でも企業経営の世界でも、第2次大戦以降、米国あるいは欧米発の経営理論は最も進んでおり、後発国の日本は一刻も早く彼らのレベルまで駆け上がる必要があるという支配的な考え方が根付いていた*1(1970年代後半から1990年代にかけては、“Japan as number one”*2とされたが、バブル崩壊後すぐに、「遅れた日本」という考え方に逆戻りした)。

 経営学の伝統的な研究分野に日本的経営に関するものがあった。日本の経営制度や慣行は日本の古くさい歴史を引きずっており、ここからの脱却が日本企業に課せられた重大な使命であるといわれていた(もちろん、日本企業の経営上の特徴を分析しようとした研究もあった)。

「古くさい」企業が持つ経営の勘所

 しかし近年、経営学者の考え方に大きな変化がみられる。従来のように「最先端」とされる経営手法を活用する欧米企業や日本の一部の大企業を研究対象とするのではなく、「古くさい」あるいは「遅れた」存在として見過ごされてきた企業から、経営のエッセンスを探ろうとする研究が増加しているのである。

 例えば、数百年の歴史を持つ長寿企業を対象に、生存し続ける秘けつを探るべく経営の歴史を振り返り、現代の企業経営に役立つ知恵を見つけ出そうとする研究は多い。(以前ならば、粛々と存在しているだけという扱いだった)。

 また、古くさい企業経営の代表とされてきたのが、同族・家族企業である。業績は芳しくなく、オーナーが経営を牛耳っているなどとマイナスイメージが旧態依然つきまとっている。しかし丁寧に分析をすると、業績は至って良好であることが分かった。多くの研究者がこの要因に注目している*3。同族経営については改めて詳しく言及する。

 古くさいとされてきた日本の伝統的な企業の経営をのぞき込んでみると、興味深い慣行が存在していたことが分かる。前回、江戸時代の武家には「主君押込」なる慣行があり、藩主に対して「モノ申す」ことが可能だったと述べた。実は武家同様、商家にもトップである店主に対してけん制の仕組みが存在していたのである。


*1 こうした発展段階論的なものの考え方が持つ問題点については、以下にある議論が興味深い。松岡真宏(2003)『逆説の日本企業論―欧米の後追いに未来はない』ダイヤモンド社
*2 エズラ・F.ヴォーゲル(木本彰子・広中和歌子訳)(1979)『ジャパンアズナンバーワン−アメリカへの教訓』TBSブリタニカ
*3 例えば、以下を参照。加護野忠男(2008)「経営学とファミリービジネス研究」『学術の動向』1月号。後藤俊夫(2008)「(通説に挑む)同族企業こそ経営の主流−ファミリービジネスは“時代遅れか”」『日本経済新聞』8月29日付朝刊。また最近では、これら企業を研究対象とするファミリービジネス学会も立ち上がっている

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆