ニュース
» 2008年12月05日 10時46分 UPDATE

消費電力量は4分の3に:マツダ、VMwareで全社のサーバ台数を40%削減へ

マツダは、ヴイエムウェアの仮想化技術を用いて全社規模のサーバ統合を進めている。2010年までにサーバの台数を40%削減する見通しだ。

[ITmedia]

 マツダは、ヴイエムウェアの仮想化技術とNEC製品を用いてサーバを仮想環境に統合し、2010年までに社内全体のサーバ台数を40%削減する計画を進めている。NECとヴイエムウェアが12月4日に発表した。

 マツダは既存の物理サーバの保守期限切れに伴い、サーバの更新を検討していた。環境関連の中期計画「マツダグリーンプラン2010」で掲げている二酸化炭素の排出量の削減を目指し、サーバを仮想的に統合することで省電力化を進めることに決定した。

 ヴイエムウェアの仮想化製品「VMware Infrastructure 3」を使いサーバを仮想化することで、物理サーバを稼働させた場合に比べ、電力を約25%削減できるという。サーバの更新に伴うハードウェアやソフトウェア、人件費といったコストの削減や、更新作業の短期化も目指す。

 サーバの仮想化に伴い、NECのサーバ「Express5800/120RJ-II」とSAN対応のストレージ「iStorage D8」を新たに導入した。物理サーバから仮想サーバに移行する技術支援や保守は、NECが担当する。「システム構築のコストやサーバの台数は非公開」(NEC広報)としている。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆