ニュース
» 2008年12月05日 10時46分 UPDATE

消費電力量は4分の3に:マツダ、VMwareで全社のサーバ台数を40%削減へ

マツダは、ヴイエムウェアの仮想化技術を用いて全社規模のサーバ統合を進めている。2010年までにサーバの台数を40%削減する見通しだ。

[ITmedia]

 マツダは、ヴイエムウェアの仮想化技術とNEC製品を用いてサーバを仮想環境に統合し、2010年までに社内全体のサーバ台数を40%削減する計画を進めている。NECとヴイエムウェアが12月4日に発表した。

 マツダは既存の物理サーバの保守期限切れに伴い、サーバの更新を検討していた。環境関連の中期計画「マツダグリーンプラン2010」で掲げている二酸化炭素の排出量の削減を目指し、サーバを仮想的に統合することで省電力化を進めることに決定した。

 ヴイエムウェアの仮想化製品「VMware Infrastructure 3」を使いサーバを仮想化することで、物理サーバを稼働させた場合に比べ、電力を約25%削減できるという。サーバの更新に伴うハードウェアやソフトウェア、人件費といったコストの削減や、更新作業の短期化も目指す。

 サーバの仮想化に伴い、NECのサーバ「Express5800/120RJ-II」とSAN対応のストレージ「iStorage D8」を新たに導入した。物理サーバから仮想サーバに移行する技術支援や保守は、NECが担当する。「システム構築のコストやサーバの台数は非公開」(NEC広報)としている。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆