特集
» 2009年01月22日 11時30分 UPDATE

【新春特別企画】コミュニティーリーダーが占う、2009年大予測:さらなる進化を遂げるエンタープライズ2.0 (1/2)

エンタープライズ2.0は話題先行のバズワードなのか? これに対する答えは「ノー」だ。これまでとは異なり現実的な選択肢へと変化しており、エンタープライズ2.0という言葉自体、もはや目新しいものではなくなりつつある。

[小林啓倫(日立コンサルティング),ITmedia]

 WEB2.0のテクノロジーや思想を、企業システムにも取り入れようという「エンタープライズ2.0」。従来は社内ブログや社内SNS程度だったものが、最近では社内Wikiや社内YouTube、社内ソーシャルブックマークなどといったシステムを構築する企業も登場し、名実共に「エンタープライズ」と呼べるような状況になってきている。2009年、エンタープライズ2.0はどこへ向かうのだろうか。

「バズワード」から現実的な選択肢へ

 個人的に2007年、2008年と続けて社内ブログおよび社内SNSをテーマに講演する機会をいただいたのだが、観客の反応が変化しているのを感じた。2007年以前は「社内でブログやSNSなんて論外」という否定や疑問、あるいは「ブログ、SNSがあれば社内コミュニケーションが劇的に変わる!」という手放しの賞賛が入り交じっていたのが、2008年には「長所も短所もあるのは分かったが、どうやったら使いこなせるのか?」といった現実的な議論に変わってきている。2008年を通じてさまざまな成功例、失敗例が世に出たことで、冷静な判断が行われるようになったのだろう。

 さまざまなベンダーから関連製品がリリースされたのが2008年だった。こちらもブログ、SNSといった従来からある分野に加え、Wikiやミニブログ、ソーシャルブックマークなどの新しい分野でも製品が登場している。またベンチャー企業だけでなく、大手企業からも製品の発表や導入サポートサービスの提供が始まっており、エンタープライズ2.0は話題先行の「バズワード」から現実的な選択肢へと変化してきていると言えるだろう。

 2009年もこの傾向は続き、社内Wikiや社内ミニブログといった新しい分野でも成功例、失敗例が共有され、認知と定着が進むのではないだろうか。特に社内Wikiは米国では社内ブログ、社内SNSと同レベルの支持を得ており、日本でも導入が進む素地はあると考える。「社内〜」などという形式ではなく、統合基幹業務システム(ERP)や顧客情報管理(CRM)などのシステムの一部として提供され、「気付いたらエンタープライズ2.0的機能のユーザーになっていた」という例も増えるだろう。本年中には無理かもしれないが、もはやシステムを「エンタープライズ2.0」という特別な言葉で意識する必要がなくなるかもしれない。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆