連載
» 2009年02月04日 07時30分 UPDATE

問われるコーチング力:なぜ日本のリーダーはオバマ大統領になれないのか (1/2)

米国の新たなリーダーとして期待が大きいオバマ大統領。なぜオバマ氏は国民から高い支持を集めるのか。日本の政治家と比較してみた。

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]

「問われるコーチング力」バックナンバーはこちら


 経済状況の悪化や失業率の上昇などの暗いニュースばかりが報じられる中、1月20日にバラク・オバマ氏が第44代アメリカ合衆国大統領に就任した。その船出は100年に1度といわれる経済危機や泥沼化する国際問題など、さまざまな重りをつけた上でのものとなったが、ぜひ頑張って欲しい。

 昨年末のコラムでもオバマ氏について触れた。今回はオバマ氏を見ながら、これからの新しいリーダーに何が必要なのか改めて考えてみたいと思う。

 彼を見ていると、国や会社を含めて、これから組織を率いていくリーダーに必要なものは、次の2つだと感じる。

1. 言葉の持つ大切さを理解する――Weメッセージ

2. リーダーは組織の上ではなく、下に存在するということを理解する――縁の下の力持ち


 第一に、リーダーは言葉の持つ大切さを理解することが必要だ。言葉には、それを発する人の考えや思いが込められている。だからこそ、その言葉を選んだのは何故か、その言葉が本心なのか、受け手は話し手が思っているよりも敏感に感じ取る。誰かの受け売りでは説得力がなくなり、思ってもいないことを言うと、言葉の端々に本音が見え隠れしてしまうのはそのためだ。リーダーは自分の発する言葉の重要性を意識した上で、言葉を選び、発することが必要である。

自分のことしか考えない日本のリーダー

 オバマ氏があれほど人々の心をつかむのは、何よりも彼の言葉が人々の心を揺さぶるからだ。オバマ氏は、常に「わたしたち」「われわれ」(We)という視点で国民に語り掛けてきた。彼が大統領選挙を戦った際に掲げたスローガン――“Yes, We Can.”は、彼の姿勢をよく表している。

 一方で、わが国の現在のリーダーは、「わたし」(I)で始まるメッセージを発していることが多い。「解散をするのはわたしだ」と言ってはばからない。わたしが、わたしが、と言う人は、周囲に、自分のことしか考えていないという印象を与えやすい。自分のことしか考えていないリーダーについていきたいと思う人はいないはずだ。支持率急落の一因には、彼のメッセージの発し方もあるように思えてならない。

 オバマ氏は大統領選挙に勝利した際の演説で、次のように述べている。


「今こそが大切な時なのです。今こそ、われわれは人々をもう一度職に就け、子どもたちのために機会の扉を開け、繁栄を取り戻し、平和という大義を推進し、アメリカンドリームを再生すべきなのです。そして、再認識すべきなのです、基本的な真理を。すなわち、多数から一つへであり、われわれは一つなのだということを。息をし続ける限り、われわれは希望を持ち続けるのだいうことを。われわれが冷笑主義と疑いで応じられる場所や、われわれにはできないと言ってくる人たちに対して、国民の精神を端的に表す不朽の信条でわれわれは応じます。大丈夫。われわれにはできると」

 [出典:『オバマ演説集』(朝日新聞出版社)P.83]


 このように「われわれ」という視点で語りかけてくれたら、人々はついていきたい、この人を信頼して賭けてみたいと感じるだろう。実際にこの演説を聞いて、多くの人が涙したという。彼は人の心をつかみ、一緒に頑張っていこうという気持ちを引き出すことがとても上手だ。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆