ニュース
» 2009年02月27日 14時37分 UPDATE

「議論」などの目的に応じて:フリーアドレスの座席を自動割り当て コクヨがシステム化

フリーアドレス制度を採用している企業向けに、コクヨオフィスシステムは座席割り当てシステムを発売する。座席をランダムに変更することで、業務効率の改善やコミュニケーションの活性化が見込める。

[ITmedia]

 コクヨグループのコクヨオフィスシステムは2月27日、座席を固定しないフリーアドレス制度を採用する企業向けに、社員の業務目的と利用時間から座席を割り当てるシステムを3月2日から販売すると発表した。

 発売するのは座席割り当てシステム「OfficeDARTS」。これは個人の座席を無作為に割り当てるもので、従業員同士のコミュニケーションの促進や業務内容に応じたコラボレーションの活性化につながるという。

OfficeDARTSのイメージ OfficeDARTSのイメージ(出典:コクヨオフィスシステム)

 専用の端末機器にIDカードなどの識別情報を入力し、「集中」「議論」「発想」など業務に関連した項目を選ぶと、目的に見合った座席を取得し、その座席での作業時間(30分〜2時間)を割り当てる。特定の場所に座席を集約させることも可能で、人が少ない夜間などに電気代を節約できる。

 サーバ側のシステムの動作環境はCPUが「Pentium 4/2GHz」以上、メモリが512Mバイト以上、HDDが40Gバイト以上、OSが「SUSE Linux Enterprise Server 10」および「Microsoft Windows Server 2003」、アプリケーションサーバが「IBM WebSphere sMash V1.0」以降。クライアント端末側の動作環境はOSが「Windows XP(日本語版)」、Webブラウザが「Internet Explorer 6.0」以降。

 価格は利用人数が50人、サーバを1台稼働させる場合で176万4000円。端末機器やサーバの費用は別途必要。2009年度に5000万円の売り上げを目指す。

 フリーアドレスは、社員が無線LANやノートPCを使って、空いている机で仕事をする業務形態。書類などは共有のキャビネットに保管し、従業員の指定席を作らない。オフィス面積の有効活用ができるほか、業務効率の改善にもつながるとして、国内では日本HPなどが採用している。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆