ニュース
» 2009年04月21日 20時25分 UPDATE

ヤマハ、VMwareで物理サーバの消費電力を90%削減

ヤマハは、部門ごとに整備していた物理サーバを仮想化環境に移行し、サーバの消費電力を年間90%削減した。

[ITmedia]

 ヤマハは、部門ごとに整備していた物理サーバを仮想化環境に移行し、サーバの消費電力を年間90%削減した。仮想化製品を提供したヴイエムウェアが4月20日に発表した。

 仮想化製品「VMware Infrastructure 3」を導入し、物理サーバを仮想化環境に移行。ハードウェアやOS、その上で稼働するアプリケーションの運用作業を減らした。また、本番環境の3分の1を占めるスタンバイ機器が不要になり、OSの更新作業を半減できた。年間1000万円と見積もっていた5年後の消費電力コストは100万円に減ったという。仮想化環境の移行には「VMware vCenter Converter」と呼ぶ変換ツールを使った。

 仮想環境への移行は2006年の夏ごろに開始し、2009年の1月に導入が完了。ヤマハの情報システム部、情報システムサポートセンターICTサービスグループ主事の伊藤宏美氏は発表文内で「(システムの稼働から)1年半近くトラブルも無く、安定稼働している。VMware Infrastructure 3の導入により、業務時間中のサーバの整備が可能になり、運用管理者が業務に集中できるようになった」と手応えを語っている。

 物理サーバの削減台数は「公表できない」(ヴイエムウェア)としている。

 同社はメインフレームで動かしていた基幹システムをERPソフト「SAP R/3」に入れ替えるなど、情報システムの「脱ホスト化」を進めている。従来は個別の案件の増加とともに部門のサーバを増設していたため、運用管理者の作業負荷や運用コストが増えていた。これらを削減するために、仮想化製品を導入した。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆