連載
» 2009年06月16日 12時47分 UPDATE

日本流「チーム型マネジメント」:【第2回】避けるべき個人主体のトップダウン型マネジメント (1/2)

トヨタ自動車をはじめ日本の製造業に多く見られるのは、内部の調和を重視し効率的なオペレーションを行うマネジメントである。かつてのIBMやGMといった伝統的な欧米企業においても同様のマネジメントが存在した。

[岩下仁(Value Associates Inc),ITmedia]

グローバルマネジメントの方向性

日本流「チーム型マネジメント」の対象範囲 日本流「チーム型マネジメント」の対象範囲

 今回はグローバルマネジメントの方向性について述べたい。

 グローバルマネジメントにおいて、組織全体や部門、部署で共有される仕事の進め方を中心にマネジメントを制度化する必要がある。これらの意思決定やコミュニケーションのスタイルを制度化したものをマネジメントシステムと呼ぶ。このマネジメントシステムは、第7回で述べるGoogleのように明文化され標榜されていることもあれば、まったく意識されず共有化されてないこともある。グローバルマネジメントの成否は、マネジメントシステムを論旨明快に構築し、明文化されたルールや行動規範として導入し、組織文化とリーダーシップとバランスをとりながら組織メンバーと共有することである。

 マネジメントシステムを軸に、個人型マネジメントとチーム型マネジメントに分けることができる。横軸に意思決定の方法をとり、チームによる参加型意思決定と個人によるトップダウン型意思決定を置く。縦軸に組織コミュニケーションの志向性をとり、外部との差別化志向と組織内部の調和志向と置き、四象限のマトリックスとしてグローバルマネジメントのタイプを示す。マトリックスの対象として、具体的な組織や部門名を例示する。

グローバルマネジメントマトリックス グローバルマネジメントマトリックス
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆