連載
» 2009年07月01日 08時15分 UPDATE

問われるコーチング力:これまでの成功体験は通用しないと思え (1/2)

不景気にもかかわらずヒット商品を連発する企業もあれば、過去の成功体験にしがみつき埋没していく企業もある。

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]

 このたび日経MJによる「2009年上期ヒット商品番付」が発表になった。東西の横綱は「インサイト(ホンダ)&プリウス(トヨタ自動車)」と「ファストファッション」、大関は「990円ジーンズ」と「下取りセール」だった。全体の傾向としては、環境にも懐にも優しい商品やサービスが上位にランクインしている。

 100年に1度の経済危機と言われ、景気低迷が叫ばれる中でも、このようにヒット商品を生み出している企業がある。その秘けつは次の4点だと考えている。


1. 消費者がほしい商品やサービスを提供する

2. 消費者が買う気になる値段を設定する

3. 消費者が何かいいことをしているというような気にさせる(環境に良いなど)

4. 何かびっくりするような仕掛けがある


 この4つの要素が絡み合ってヒット商品が生まれているのではないだろうか。

GMの破たんは起こるべくして起こった

 先日、ある企業の経営幹部と話をする機会があった。彼は、先ごろ経営破たんしたGeneral Motors(GM)の米国工場を30年前に訪れた時の話をしてくれた。彼がそのとき抱いた感想は、意外にも「この会社は危ないかもしれない」だったそうだ。当時のGMは高級でかっこいいというイメージを世間に浸透させ、ヒット商品を連発していた。しかし彼の目には、その現状に安住してしまっているように映ったという。豪華な車を作りさえすれば、何でも売れると信じ、ただそれを続けている気がしたのだ。

 消費者のニーズは時代の流れとともに刻々と変化していく。企業の存亡はそのニーズにどれだけ的確に応えられるかで決まるのではないだろうか。だからこそ、企業はその流れに置いていかれないように必死になるのだ。しかし、GMの工場には消費者のニーズに応えようとする意欲がまったく感じられなかったそうだ。

 GMの現状は起こるべくして起こったのである。一度成功した方法や考えが、必ずしも次も成功するとは限らない。今売れているものが未来永劫、売れ続ける保障など、どこにもないのだ。

 物事を肯定的にとらえるという姿勢はとても大切なことである。しかし、度が過ぎてしまうと、現状を超える何かを生み出すことが難しくなってしまう。現状を肯定してしまうと、「より良くしよう」「もっと頑張ろう」という成長や改善に対する意欲の芽が出てこなくなってしまうからである。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆