連載
» 2009年07月15日 08時30分 UPDATE

問われるコーチング力:リーダーと部下が共に変革する方法 (1/2)

リーダーが行動を変えるためには、部下からさまざまな意見や指摘を受けることが必要である。これは部下にとってもメリットがあるのだという。

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]

 自民党からの次期衆議院選への出馬要請に対し、東国原英夫・宮崎県知事が提示した条件の1つである「自分を自民党総裁候補にすること」が、連日、メディアを賑わせている。彼自身思うところがあっての条件なのだろうと推察するが、正直なところ、あまり感心していない。

 彼が掲げる地方分権を推し進めるためには、国政に打って出ることが必要である。そのための出馬であり条件であれば、周りの人たちもきっと自分を支援してくれると思ったのかもしれない。一方で、「宮崎県の知事に選ばれ、宮崎のために尽くすと言っておきながら衆議院選に出馬するのは、自分の任務を放棄することになるのではないか」という見方があるのも事実である。

 このような見解の違いは、自分が自身を見る目と、他人(部下や周りの人)が自分を見る目が異なることによって起きる。人は、その気はなくても、自分に対する評価を甘くしてしまうものだ。それが人間の習性である。しかし、他人から受ける評価と自分自身による評価とがまったく異なることは良くあるのだ。冷静かつ客観的な分だけ、他人が自分を見る目の方が正しいことが多い。

フィードバックは重要だ

 わたしがビジネスコーチング研修などで必ず伝えるのが「リーダーの自己変革のためには職場のメンバーに自分の見方を変えてもらう必要がある」ということである。その第1ステップとして、「まわりのメンバーからフィードバックを受け取る」ということを実践していただいている。

 フィードバックとは、現在の自分自身の言動に対する、周囲の人たちからの客観的な見え方である。このフィードバックを受け取ることによる発見は驚くほど多い。ある企業の経営幹部の方は、自分自身の弱みや改善すべき点は「人の話を聞かない」ことだと思っていた。しかし、実際に部下に聞いてみところ、次のような意見が返ってきたという。


「話は聞いていると思います。ただ、聞いた後に破壊的なコメントをすることが問題だと思います」


 1人の部下だけではなく、何人かの部下から同様の意見をもらったそうだ。自分の改善点は話を聞かないことだと思っていたが、部下が改善を望んだのは、話を聞いた後のコメントだったのである。「そのことによって、組織に意見を言いにくい雰囲気が生まれ、話をしづらいと言う若手の社員も出てきている、それはあなた自身にとっても良いことではないのではないか」と部下たちは率直に話してくれたという。振り返ってみると、部下から何か話をされたり、報告を受けたりしたときに高圧的になってしまうことがあったかもしれない、と彼自身も思い当たったそうだ。このように部下や周りの人間に自分の欠点は何かと聞いてみるといろいろなことに気付かされるはずである。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆