連載
» 2009年09月03日 08時15分 UPDATE

エグゼクティブ会員の横顔:「プロジェクト成功の秘けつは、早期名付けにあり」――ソニー銀行・河原塚氏 (1/2)

プロジェクトの進行や管理に頭を悩ませるプロジェクトマネジャーは多い。参加者を1つにまとめ上げ成功に導くには、初期段階で明確なコンセプトを共有させることが重要だという。

[聞き手:伏見学,ITmedia]

 インターネット専業銀行として2001年4月の創業以来、「自立した個人のための銀行」を合言葉に順調に成長を遂げてきたソニー銀行。その背後で新規サービス開発など同社のマーケティング業務を支える営業企画部 マーケティング・オフィサーの河原塚徹氏にプロジェクト成功の秘けつなどを聞いた。

ソニー銀行 営業企画部 マーケティング・オフィサーの河原塚徹氏 ソニー銀行 営業企画部 マーケティング・オフィサーの河原塚徹氏

すぐに実行に移せる俊敏性がある

――今取り組んでいるお仕事について教えてください。

河原塚 ソニー銀行のマーケティング全体を見ています。マーケティングは大きく既存顧客に向けたものと新規顧客に向けたものに分かれており、前者ではサービスのコンテンツ作り、後者では主に広告、宣伝を行っています。直近の例でいうと2008年3月にリリースした個人向け資産管理ツール「人生通帳」を担当しました。

 わたしは以前、QUICKという金融情報サービス会社でマーケティング業務に携わっており、投資情報の専門家、証券会社、投資銀行などを対象に専用線を使ってプロ向けの情報を提供していました。ノウハウを蓄積するにつれ、インターネットを活用すればこうした情報を個人向けにも発信できるのではないかと考え、2002年にソニー銀行に転職しました。以来、プロが見る情報を個人向けにどうアレンジするか模索しながら、開発を進めています。


――サービスの企画・構築から広告、宣伝までとかなり幅広い業務領域を担当していますが、苦労はありますか。

河原塚 業務の幅は広くスタッフも少人数という状況ではありますが、企画の立案から開発、プロモーションまで一貫して担当できるので、非常に恵まれていると感じています。業務が担当ごとに細かく分かれていないため方針がぶれることはないし、お客様の声を拾い上げたらすぐに開発に反映できる俊敏性があります。組織が小さいことが大きなメリットになっています。

 システム開発においては、当社の開発担当者のほか、外部のベンダー企業に協力してもらうこともありますが、その過程において何らかの判断が必要な場合は、企画から一貫して担当していると適確な判断を下せますし、お客様に提供すべきより価値の高いサービスをつくれるはずです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆