ニュース
» 2009年09月08日 08時15分 UPDATE

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:イノベーションと正しく向き合い、収益を最大化させるには? (1/2)

8月28日、「第10回ITmedia エグゼクティブセミナー」を開催した。同セミナーで講演した早稲田大学大学院教授の根来龍之氏によると、企業の成長を支えるイノベーションには4つの“代替パターン”があるという。

[岡崎勝己,ITmedia]

イノベーションは既存市場を“破壊”する存在か?

 企業経営における「イノベーション」の重要性について、改めて多くを語るまでもあるまい。事実、これまでさまざまな業界で、産業構造の“地殻変動”がイノベーションによってもたらされてきた。カメラ市場ではデジタルカメラがフィルムカメラの代替としてその市場を奪い、携帯型音楽プレーヤー市場ではアップルのiPodが、その使い勝手の高さから極めて短期間に圧倒的な支持を集めるとともに、楽曲をダウンロード販売する「iTunes Music Store」といった新たなビジネスを創出したのは記憶に新しい。その結果、従来からの製品は急速に陳腐化し、事業の継続を断念せざるを得ない企業も少なくかった。

exesemi003.jpg 早稲田大学大学院の根来龍之教授

 だが、イノベーションは既存市場を果たして“破壊”するだけの存在なのか――。早稲田大学大学院教授で早稲田大学IT戦略研究所所長と経営情報学会会長を務める根来龍之氏は、冒頭で、その点について次のように言及した。「イノベーションの議論では、その華々しさから破壊的な効果に目が向けられがち。だが、イノベーションを正しくとらえるためには、その結果、市場が多様化したり、新技術の普及に長い期間を要したりといった点も同時に考慮する必要がある。そこであらためて強調したいのが、イノベーションは既存技術を完全に代替するのではなく、部分的に代替するケースが圧倒的に多いということなのだ」

破壊的イノベーションはイノベーションの1形態

 根来氏はその著書「代替品の戦略(東洋経済新報社/2005年)において、「CDとレコード」、「ICタグとバーコード」、「パソコンとワープロ」に代表される“代替品”と“既存品”の市場展開のあり方について、ケーススタディを基にその戦略の定石をまとめ上げるなど、イノベーションが既存市場に与える影響について長らく研究を続けてきた。その結果、イノベーションによってもたらされる代替パターンは、以下の4つに分類できることが明らかになったという。

 1つ目は、代替品と既存品を構成する機能セットがほぼ同じであり、ユーザーのニーズに結び付く新たな機能が存在しない「完全類似代替」である。音楽用CDとレコード、クオーツ時計と機械式時計などがこれに分類される。

 2つ目は、代替品の機能セットが既存品と同じであり、かつ、ユーザーの新たなニーズに結びつく新機能も存在する「完全拡張代替」。パソコンとワープロ、携帯電話と固定電話に代表される。

 3つ目は代替品の機能セットの一部で既存品より優位ではあるものの、ユーザーの新たなニーズに結びつく新機能は存在しない「部分類似代替」だ。輸送手段としての長距離トラックと貨物鉄道、電子レンジとガスレンジなどがこれにあてはまる。

 そして4つ目が、代替品の機能セットの一部で既存品よりも優位かつ、新たなニーズに結びつく機能も備えた「部分拡張代替」。紙おむつと布おむつ、デジタルカメラとフィルムカメラにこの関係は見られる。

 「こうした分類により明らかになったことは、短期間に業界地図を塗り替える破壊的なイノベーションは、実は決して多くはないということだ。つまり、すべてが代替品に置き換わることもなければ、新市場の開拓につながらないケースも少なくないのだ」(根来氏)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆