連載
» 2009年10月17日 09時00分 UPDATE

経営のヒントになる一冊:巨大な波に飲み込まれるのか――「メディア激震」

相次ぐ雑誌の廃刊、そして倒産……。これほどまで厳しい状況にメディア企業を追い込んだものは一体何か。共同通信社において長年にわたり第一線の記者としてメディアの栄枯盛衰を見てきた著者が語る。

[ITmedia]

 2000年代に入り、急速にグローバル化するIT・デジタル革命のあおりを受け、世界のメディア企業は大きく揺れている。マスコミ各社、新聞そして雑誌は、かつてない厳しい局面に立たされているのだ。IT時代の到来は、いったいメディアに対しどのような影響を及ぼしたというのであろうか。かつてと比べて現場で働くジャーナリストたちはどう変わったのか。ジャーナリズムは今後どうなるのか。そうした変化の本質とはどこにあるのであろうか。

『メディア激震 グローバル化とIT革命の中で』 著者:古賀純一郎、定価:2310円(税込)、体裁:A5判 288ページ、発行:2009年6月、NTT出版 『メディア激震 グローバル化とIT革命の中で』 著者:古賀純一郎、定価:2310円(税込)、体裁:A5判 288ページ、発行:2009年6月、NTT出版

 国際的な視点を含めてこれらの動きを俯瞰、考察したのが本書である。国際報道で重要な位置を占める国際通信社を含めてIT革命に翻弄(ほんろう)される国内外メディアの現状を詳しくまとめている。

 本書では、まず、グローバル化の波が世界を襲いつつあり、メディア企業もこの影響下のまっただ中にあることを説明する。次に、破たんが相次ぎ、苦境に立つ米新聞業界や2008年中間期で赤字を計上した朝日新聞の例などを引き合いにして、打撃を受けたのがメディアを支えていた旧来のビジネスモデルそのものであると指摘している。

 国際通信社をテーマとして扱った後半部分では、その歴史、激動する国際情勢を刻々と伝える通信社の現場とジャーナリズム、IT革命で一段とし烈化する報道レースなどを解説する。最後に、著者の見地からメディアの将来とジャーナリズムのあり方について新たな提言を行っている。

 著者は共同通信社に入社後、大阪社会部、経済部、外信部、ロンドン特派員、メディア局編集部デスクを歴任し、長年にわたり第一線で活躍していた。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆