連載
» 2009年12月22日 00時00分 UPDATE

「世界一蹴の旅」からすべて教わった:欧州は成長をあきらめたのか (1/2)

「何かが物足りない」――。ヨーロッパ各国を周遊するにつれ、当初から抱いていた違和感は次第に大きくなっていった。

[ヨモケン(Libero),ITmedia]

 サッカーワールドカップ(W杯)出場32カ国を周る「世界一蹴の旅」に出て、約半年が経過した。11月半ばに行われた欧州の最終プレーオフが終了し、いよいよ来年のワールドカップ本大会の出場国すべてが出そろうことになった。

 FW・アンリの“神の手”によって、ワールドカップ出場を決めたフランス。僕らは、彼らの出場を事前に予想し、出場決定する前にフランス首都であるパリを訪れていた。

日没前のパリの凱旋門 日没前のパリの凱旋門

欧州で抱いた違和感

 7月から約2カ月間、アジア諸国を歴訪し、中国やASEAN(東南アジア諸国連合)などの国々で猛烈な経済発展への意欲やパワーを目の当たりにしてきた。その後、9月からはオランダ、スウェーデン、デンマークなどの北欧諸国を周り、フランスのパリへ到着したのだった。パリでの滞在中に、僕らが欧州到着以降に抱いていた「違和感」が顕在化するようになった。

何かが物足りないのである。

 当然ながらアジア諸国、いや日本と比較しても、発展した経済、文化、技術などを持っており、物価水準も日本より高い。しかし、アジアで触れた人々からの溢れるようなパワー、未来への希望感が、街から感じ取れないのだ。

 すでに発展や成長の余地がないのであればまだしも、少なくともパリの地下鉄の様相は、「花の都パリ」というイメージからはほど遠いほど汚く、危険なにおいがする(実際、パリの地下鉄では犯罪が多発している)。コンビニエンスストアにしても、なかなか街中で目にすることはできず、夜間や休日のちょっとした買い物の不便さといったら、日本とは比較にならない。一方、経済活動から離れ、彼らの日常生活をのぞくと、充実した“人間らしい”生活を送っているようにも見える。

 すべてがそうではないことは重々承知しているが、今回の旅を通じて肌で感じたのは、「欧州の人々は、これ以上の(経済)成長をあきらめ、より人間の生活内部の質(豊かさ)を高めようとしているのではないか」ということである。

 スイスで働く日本人ビジネスマンと会話する機会があったのだが、彼曰く「“Quality of Life”(生活の質)を求めるなら確実に欧州」だそうだ。確かに、アフター5や休日の過ごし方を聞く限り、少なくとも東京や大阪でモーレツに働くサラリーマンとはだいぶ違う印象を受けた。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆