ニュース
» 2010年02月03日 08時10分 UPDATE

トヨタ、フィリピンの植林活動で第三者認証を取得――同活動の第2期実施も決定

トヨタ自動車は1月29日、フィリピンで行っている植林活動がCCB基準のゴールド認証を取得したことを発表するとともに、2010年8月から2013年7月までの3年間、同活動の第2期を実施することを決定したと発表した。

[栗田昌宜,環境メディア]
環境メディア

 トヨタ自動車は1月29日、フィリピンのカガヤン州ペニャブランカ町(マニラの北約500キロ)で行っている植林活動がCCB(The Climate, Community and Biodiversity Project Design Standards)基準のゴールド認証を取得したことを発表するとともに、2010年8月から2013年7月までの3年間、同活動の第2期を実施することを決定したと発表した。

 CCB基準は森林保全プロジェクトなどを多面的に評価する世界基準で、国際NGOのCCBA(The Climate, Community and Biodiversity Alliance)と企業との連合組織が運営している。ペニャブランカ町で行っている植林活動が特に優れた評価となるゴールド認証を取得したことにより、トヨタはプロジェクト設計の質の高さが証明され、活動が着実に成果を上げていると判断し、第2期を実施することを決めた。

 ペニャブランカ町の植林活動は、フィリピン環境資源省、ペニャブランカ町、環境NGOのコンサベーション・インターナショナルとの共同プロジェクトで、2007年9月から3年間の第1期では1772ヘクタールの土地に植林。地域住民の生活と森林再生を両立させる仕組み作りを目指して、自生種の植栽だけでなく、たき木採取用の専用林を設置し、たき木の代替としてもみ殻を使用したコンロを試験導入するなどしている。

 第2期ではさらに728ヘクタールに植林し、プロジェクト終了後も地域住民による自立した活動が維持できる仕組みづくりとその運用を実践する計画。

Copyright© 2011 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆