連載
» 2010年04月01日 08時15分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:「離れる勇気」を持つことが問題解決のコツ (1/2)

手段ばかりに気を取られていると、目的を見失ってしまうことがある。問題を解決するには意識を変えて本質をとらえることが肝要だ。

[横田尚哉(ファンクショナル・アプローチ研究所),ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


問題は力技ではなくコツで解決

上司 「あ〜、壁にぶち当たった」

部下 「良くあることです」

上司 「どうしようもなくなった」

部下 「ま、コーヒーでも飲んで」


 うろたえる必要はありませんが、コーヒーを飲んでも、問題は解決しません。

 問題解決には、コツがあるのです。このコツを会得している人が、問題解決能力の高い人なのです。ビジネスでも人生でも、成功していく人は、こういう人なのです。問題解決能力は、情報収集能力でもデータ分析能力でもないのです。

 仮説検証法は、問題解決の1つのやり方です。いろいろな仮説を立ててみて、それぞれを検証することで、問題を解決しようとするものです。実はわたしたちは、日常的な問題は、ほとんどこの方法で解決しています。原因と結果の検証が行われている事例があれば、そこから仮説が立てやすいからです。

 ところが、前例や事例のないものは仮説が立てにくく困るのです。「風が吹けば桶屋が儲かる」という仮説は、そう簡単に思いつかないですよね。仮説を立てる能力に依存するやり方は、ビジネスでは好ましくありません。なぜなら、情報の量を増やすことと、品質を保つことにリソースがとられるからです。

 つまり、「力技だけでは、問題解決の限界がある」ということです。コツを知り、コツを人や組織として保有していることが重要です。そうすれば、新しい問題に直面しても、解決することが出来るようになるのです。

問題を5つに分解すると解決策が見えてくる

上司 「何か、ほかに解決策はないのか」

部下 「あらゆる方法を試しました」

上司 「調べ方が悪いのではないか」

部下 「……」


 気ばかりが焦っているようですが、解決策を求める前に、やらねばならないことに気が付いていません。

 問題解決を1つと考えるのではなく、5つに分解しましょう。何事にもステップ・バイ・ステップです。それは、「問題の認識(Identification)」「改善点の特定(Specification)」「解決手段の選択(Selection)」「解決手段の適用(Utilization)」「改善効果の評価(Evaluation)」です。それぞれの頭文字をつなげて「ISSUE分解」と覚えてください。

 「解決手段の適用」だけでいいという方も多いと思います。問題に直面していると、すぐに解決したくなるものです。扉を開けるためには鍵が必要です。その鍵が、どこかにあるのか、徹底的に探したくなるものです。しかし、誤った「改善点の特定」をしている時もあります。本当に改善しなければならいところは、別にあるかもしれません。現象として現れているものを解決しようとしていないでしょうか。表面的なところばかりを見ていないでしょうか。もしかしたら、幻想にとらわれているかもしれません。

 そんなときは、フェーズに分解することが大切です。大きな問題に直面しているときほど、時間と費用を浪費しないために、1つずつ確実に進めていかなければなりません。鍵のかかっている扉が、出口かどうかを確認するのが先だということです。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆