ニュース
» 2010年04月08日 14時54分 UPDATE

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:「あなたのBest」でなく結果を出して――ビジネス英語に必要なネイティブ感覚 (1/2)

「洗練された英語を話したいがどうすればいいのか……」と考えたことがあるビジネスマンは多いだろう。一流のビジネスマンのように話したければ、一流のビジネスマンのスピーチをまねることから始めてみてはいかがだろうか。

[関谷英里子(日本通訳サービス主宰),ITmedia]

 この記事は「経営者JP」の企画協力を受けております。


hyoushi.jpg 『カリスマ同時通訳が教える ビジネスパーソンの英単語帳』

 「英語が話せないとマズイ」「今年こそは英語を身に付けなければ」そういった焦りに似た感覚を覚えながらも、なかなかあと一歩が踏み出せないという話を聞くことがある。昨今の経済状況や情報通信速度の加速化を考えても、世界を視野に入れて自信を高めることが必要不可欠だ。

 しかしながら、ビジネスで英語を使うにしても、何か釈然としない思いをしている方も多いのではないだろうか。自分の肩書きや経験に見合った、ビジネスエグゼクティブらしく、言いたいことを伝えるにはどうしたらよいのか、と考えあぐねている読者もいるのではないだろうか。またビジネス英語を勉強したいけれど、何から始めればいいのかわからない、など悩みを持っているビジネスパーソンも多いのではないだろうか。

海外のビジネスマンが話す英語と日本で学んだ英語は違っていた

 わたし自身がそうであった。大学を卒業して最初に就職した商社では、早速海外ビジネスを現場で担当することになり、日常のビジネスレターから電話の応対に始まり、経験を積めばすぐに交渉ごとやプレゼンテーションを任されるようになった。しかし、学校で学んだり、和英辞書を引いたりしながら覚えた英語ではいまひとつ相手に言いたいことが伝わっていない感じがしており、自分でもどうしたらよいのか分からなかった。

 そんなころに、海外のビジネスエグゼクティブがよく使っている英語を書きとめ、実際に使ってみることから始めた。現在わたしは、海外の要人や一流スピーカーと呼ばれる講演家の通訳の仕事をしているが、現在でもそういった人々が使っている言葉を書きとめて日々勉強を続けている。

 彼らと比べて、商社に入社した当時のわたしの英語はどこが違ったのか。何よりも使っている単語が違った。むしろそれだけだったと言っても過言ではない。例えば何かを人に伝える時に使う「言う」という言葉。

 「この件に関するわたしの意見をあなたたちに伝えよう」は英語でどう言うか。

 「言う」といえば、学校教育を経たわたしの頭をよぎるのはSAYやTELL。

I will say to you my opinion on this issue.

 決して間違ってはいない。ただ、重要な会議であればあるほど、海外のエグゼクティブはSAYやTELLは使わない。

I will share with you my opinion on this issue.

 意味は同じ「この件に関するわたしの意見をあなたたちに伝えよう」である。ただ、単語ひとつを変えただけで、相手に与える印象は格段に違うのだ。

sekiyashare.jpg

 もう1つ例を挙げよう。ある問題について話し合う必要がある、と思った時、どうやって相手に持ち掛けるか。

We need to talk about this problem.

 この問題について話し合う必要がある。正しい訳である。ただ、PROBLEMを使ってしまうと、解決が難しい面倒くさい問題、という印象を最初から持たれてしまいかねない。

I would like to discuss this issue with you.

 この「課題」について、あなたと是非話し合いたい。そういったニュアンスが伝わるだろう。ISSUEには話し合われるべき課題という意味合いがあり、相手も前向きに話し合いに応じてくれる可能性が高くなるのだ。また、わたし自身が使って本当に苦い経験をしたのは「がんばります」と相手に伝えたかった時のことである。

We will do our best.

 と言ったら、相手には「あなたの尽くす『ベスト』には興味はない。結果を出せ」と冷たく返されたのだ。本来であれば、具体的な数字を言ってそれを達成する意志がある、といった言い回しをしなければならなかったのだと、今になって考える。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。

会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆