ニュース
» 2010年06月01日 18時10分 UPDATE

東芝、原子力フロントエンド事業強化のため、米最大のウラン濃縮事業会社に1億ドル出資

東芝は5月25日、重機械メーカーの米バブコック&ウィルコックスとともに、原子力発電用ウラン濃縮事業会社の米ユーゼックへそれぞれ1億ドル出資する契約を締結したと発表した。

[栗田昌宜,ITmedia]
環境メディア

 東芝は5月25日、重機械メーカーの米バブコック&ウィルコックスとともに、原子力発電用ウラン濃縮事業会社の米ユーゼックへそれぞれ1億ドル出資する契約を締結したと発表した。

 ユーゼックは米国最大のウラン濃縮事業会社で、米国の原子力発電所を中心に濃縮ウランを供給している。また、原子力発電所の新設に伴う濃縮ウランの需要増加に対応するため、新技術を採用した新型遠心分離機の開発も進めている。

 東芝はこれまで、カザフスタンのウラン鉱山開発プロジェクト「ハラサン鉱山プロジェクト」への参画や、カナダのウラン生産・販売事業者であるウラニウム・ワンへの出資、原子燃料の製造などを手がける英スプリングフィールズの事業取得、ロシアのテクスナブエクスポートとの原子燃料分野の事業化構想の検討など、原子力フロントエンド事業の強化を進めている。

 ユーゼックへの出資もこの一環で、行政許認可などの諸手続きを経て出資が完了すれば、原子力フロントエンド事業の一貫体制を確立でき、原子燃料供給体制をさらに強化できるとしている。

Copyright© 2011 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆