ニュース
» 2010年07月06日 09時28分 UPDATE

三菱商事、ジョイントベンチャーで世界最大級の太陽光発電所をタイに建設

三菱商事は7月1日、子会社である香港のDGAを通じて、香港の電力会社CLP、タイの大手IPP会社であるEGCOと共同で、発電出力7万3000キロワットの太陽光発電所をタイのロッブリ県に建設すると発表した。

[栗田昌宜,ITmedia]
環境メディア

 三菱商事は7月1日、100%子会社である香港のダイヤモンドジェネレーティングアジア(DGA)を通じて、香港の電力会社CLPホールディングス(CLP)、タイの大手IPP(独立系発電事業)会社であるエレクトリシティジェネレーティング(EGCO)と共同で、世界最大級となる発電出力7万3000キロワットの太陽光発電所をタイのロッブリ県に建設すると発表した。

 DGA、CLP、EGCOの3社が均等出資で設立したナチュラルエナジーデベロップメント(NED)が事業主体となって太陽光発電所を建設、発電した電力の全量をタイの電力公社であるEGATに25年にわたって売電する。納入する太陽電池モジュールや周辺システム、ならびに建設を受注したのはシャープで、7月中に着工し、2011年末までに運転開始する予定。シャープによると、高温時の温度特性が結晶系太陽電池よりも優れている薄膜系太陽電池の方が年間平均気温の高い同国には適していると評価され、薄膜系太陽電池の量産実績を持つ同社が選ばれたという。

 なお、総事業費約220億円の太陽光発電所建設に当たって、NEDはシャープ、イタリアン−タイデベロップメント、イタルタイエンジニアリングの3社とコンソーシアムを結成するとともにECP(設計・調達・建設)契約を締結。アジア開発銀行やタイ商業銀行とは融資契約を締結している。

mitsu.jpg

Copyright© 2011 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆