ニュース
» 2010年07月20日 08時35分 UPDATE

三菱重工、ブルガリアでの風力発電事業で得たCO2排出権約12万トン分を日本に移転

三菱重工業は7月12日、ブルガリアで実施している風力発電事業で得たCO2排出権約12万トン分を日本に移転したと発表した。

[栗田昌宜,ITmedia]
環境メディア

 三菱重工業は7月12日、ブルガリアで実施している風力発電事業で得たCO2排出権約12万トン分を日本に移転したと発表した。

 同風力発電事業は、三菱重工が現地建設会社のイノスと共同出資して設立した風力発電事業会社カリアクラ・ウィンドパワー(KWP)を通じて行っているもので、京都議定書で規定された京都メカニズムの1つである共同実施案件。黒海沿岸のカリアクラ岬にあるKWPの風力発電所は1000キロワット風力発電設備35基で構成されており、発電する電力はすべてブルガリアの国営電力会社(NEK)に販売されている。

 KWPの風力発電事業によって得られるCO2排出権は年間7〜8万トン規模で、全量を政府系金融機関と民間企業が共同で設立したCO2排出権購入会社の日本カーボンファイナンスと三菱重工が購入する。

Copyright© 2011 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆