ニュース
» 2010年08月19日 16時55分 UPDATE

三菱電機、尼崎浄水場にオゾン水処理システムを納入

三菱電機は8月17日、阪神水道企業団尼崎浄水場にオゾン水処理システムを納入したと発表した。

[栗田昌宜,ITmedia]
環境メディア

 三菱電機は8月17日、阪神水道企業団尼崎浄水場(兵庫県尼崎市)にオゾン水処理システムを納入したと発表した。

 オゾンは塩素に勝る強力な殺菌力を持ち、処理後は無害な酸素に戻るため、環境への負荷が少ない。また、カビ臭の除去(脱臭)や脱色などの水質改善にも優れている。オゾン水処理システムを導入することで、環境や人体への負荷が少ない浄水施設を構築できるという。

 尼崎浄水場は神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市の4市に上水を供給している淀川水系の浄水場で、オゾン水処理システムの導入はこれで3基目。

Copyright© 2011 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆