ニュース
» 2010年10月27日 08時30分 UPDATE

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:バイラルループ――FacebookからTwitterまで、優れた企業は今どう成長しているのか (1/4)

躍進を遂げる「バイラルループ企業」とは? バイラル式に成長する企業の特徴とは? 注目のテーマについて、最新の海外ベストセラーが解説する。

[鬼塚俊宏,ITmedia]

 この記事は、洋書配信サービス「エグゼクティブブックサマリー」から記事提供を受け、抜粋を掲載したものです。サービスを運営するストラテジィエレメントのコンサルタント、鬼塚俊宏氏が中心となり、独自の視点で解説します。

3分で分かる『バイラルループ』の要点

vir.jpg
  • タッパーウェア社のように、インターネットが大普及する何十年も前に「バイラル1」型の成功を収めた伝統的な企業がある
  • オンライン企業は、Webサイトのメンバーが友人を招待することによって広がり成長する
  • このようなパターンにより急激に成長した場合、「バイラル拡大ループ」が生まれる。
  • メンバーから友人への紹介を元に拡大した「バイラルループ」
  • Facebookのような無数につながったバイラルループにより作られた「バイラルネットワーク」
  • バイラルループとバイラルネットワークを組み合わせた「ダブルバイラルループ」
  • オンライン製品の質が高いため、サイトはバイラル効果を得るための営業や広告は必要としない
  • Hotmail、YouTube、Facebook、LinkedIn、Twitter、eBayなどのバイラル企業は明確なコンセプト、使いやすさ、素早い導入など共通する特徴を持っている
  • Webが提供するものの「バイラル係数」は測定可能である。メンバーが全員1人ずつ新メンバーを増やしたことを示す1.0ポイントを出すと、その企業は飛躍的に成長できる
  • バイラル成長は素晴らしい製品やサービスにとって必要不可欠な要素である。また、インターネット接続機器として直にPCの販売台数を抜くとされるスマートフォンに適している

本書から学べること

  • 躍進を遂げる「バイラルループ企業」とは?
  • バイラル式に成長する企業の特徴とは?
  • バイラル係数が高いと飛躍的成長が保証される理由とは?
  • あなたの会社がバイラル企業になる方法

本書の推薦コメント

 2000年、科学を一般に広めたケンブリッジ大学の医師や研究者による「Naked Scientists」というグループは、奇妙な成長を続ける分野が行くバイラルな道について皮肉った説明をしています。その分野とは「エルビス・プレスリーのモノマネ」です。当時、エルビスのモノマネをする人は世界に8万5000人以上いました。しかし、エルビスが亡くなった1977年にさかのぼると、わずか170人しかいなかったのです。Naked Scientistsは、この調子では2019年までには世界人口の3分の1がエルビスのモノマネをすると述べています。もちろんこれは冗談ですが、「バイラル的成長」は違います。

 YouTubeやGoogle、Ning、Facebookといったインターネットの大御所の驚異的な成長に注目して下さい。実際、Facebookの現在の驚異的人気を見ると、世界中のインターネットユーザーが30年後には全員Facebookのメンバーになっているというのは、信じられないことではありません。この驚くべき成長の理由は何でしょう? 彼は社会的流行を作り、経済的な力を持ったサイトを作るWebの能力に注目しながら、このタイムリーなトピックを本書で分析しています。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆