ニュース
» 2011年01月12日 08時00分 UPDATE

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:面接でするべき101の効果的な質問 (1/5)

就職面接に備えるための具体的な方法について分かります。最初から好条件で採用してもらうために、面接でするべき質問とは? チャンスを台無しにしてしまうため、するべきでない質問や行動を知っておく。

[エグゼクティブブックサマリー,ITmedia]
エグゼクティブブックサマリー

 この記事は、洋書配信サービス「エグゼクティブブックサマリー」から記事提供を受け、抜粋を掲載したものです。サービスを運営するストラテジィエレメントのコンサルタント、鬼塚俊宏氏が中心となり、独自の視点で解説します。

3分で分かる『面接でするべき101の効果的な質問』の要点

101q.jpg
  • 就職面接を成功させることは、厳しい雇用状況の中、今まで以上に重要になっている
  • 面接官はその人にどういった能力があるのか、またどんな仕事を得意とするのかを知りたい
  • 面接官はたとえその人に資格、やる気、キャリアなどがあっても、社内外において、人間関係をうまく作れる人物であるかどうかを重要視している
  • 面接に不適切な服装、当該企業情報の無知など、すぐに失格となるようなことは避けること
  • 解答は簡潔明瞭な内容にし、発する声量や姿勢などに気をつけ、冗談などは言わないこと
  • 面接官のスタイルに注意し、より良い信頼関係を気付く為そのスタイルに合わせること
  • 就職面接を受ける前に、自分の資格、能力、興味、目標について自分自身に問いかけること
  • 希望する企業とその業界事情に対して、十分すぎる下調べやリサーチを行っておくこと
  • 機会があれば事前面接などを行い、企業、業界、仕事に関する基礎的な情報を得ること

この要約書から学べること

  • 就職面接に備えるための具体的な方法について
  • 最初から好条件で採用してもらうために、面接でするべき質問とは?
  • チャンスを台無しにしてしまうため、するべきでない質問や行動を知っておく

本書の推薦コメント

 日本でもアメリカでも依然、雇用不況の時代が続いています。本書は雇用する側から考えると「優秀な人材を獲得すためにはどのような面接を心掛けるべきか?」また、求職している側から考えると「どんな面接を心掛けることが内定につながるのか?」という2つの視点から読める良書です。著者であるキャリア育成の専門家のロイ・フライは、就職面接の準備の方法や面接での振舞い方などに焦点を当てながらも、就職面接での極めて重要な面接テクニックに焦点を当てています。同時に、面接を受ける前の段階で、「自分が本当に求めている職を明確にするために自分自身に問い掛けてみるべき質問」なども極めて興味深い情報を提供しています。

 本書を求職や転職を考えている方、または企業の人事担当者や経営者にお勧めします。また現在の自分のポジションに応じた視点だけではなく、ぜひ、対極になる立場(求職者なら面接する側、面接する人なら求職する側)で考えてみることで、「優秀な人材を採用する面接とは?」「内定につながる面接とは?」という真の目的を達成できるでしょう。

 より自分に合った仕事に就きたいと考える時、企業によって行われる面接は自分をアピールする重要な機会となります。1つの問いや答えが自分の印象を一変させることも少なくはありません。希望する企業での就職や、優遇された条件をつかむチャンスになるかどうかは面接次第ではないでしょうか。本書で、その具体的なヒントを学んでいきましょう。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2014 エグゼクティブブックサマリー All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆