ニュース
» 2011年02月18日 08時00分 UPDATE

「地方を元気に!」── 元ライブドア社長がクラウドで村おこし・町おこしの支援へ

ライブドアデパートの流れを汲む買う市が、ミニモールを低コストで開設・運営できるクラウドサービスをスタートさせる。初期費用は不要で、月額料金も成果報酬方式になるという。

[浅井英二,ITmedia]
hiramatsu01.jpg 平松庚三氏は、IDG、AOL、インテュイット(弥生)の社長を歴任し、2006年には粉飾決算事件渦中のライブドアも率いることに。現在は、小僧comで村おこし・町おこしに取り組んでいる

 「地方には眠っている資源がたくさんあり、それを生かす有能な人材もたくさんいる。地方を元気にすることが日本経済を上向かせることにつながるはずだ」── かつてライブドアの社長を務めた平松庚三氏は、このところ毎週のように地方に出向き、村おこし・町おこしの支援を買って出ているという。そんな彼が今も取締役を務めているのが、ライブドアデパートの流れを汲む買う市株式会社。同社は近く、ミニモールを低コストで開設・運営できるクラウドサービスをスタートさせる。

 「特産品の生産者組合などでも、ホームページを開設したり、ショッピングサイトを構築して、ブランドをつくりたいというアイデアはあるが、それを阻害しているのが初期コストの高さと運用のためのITリテラシーの不足だ。クラウドサービスならどんどん新しい事業に挑戦してもらえる」(平松氏)

 買う市が計画している「cau1 クラウドソリューション」は、同社が運営する「livedoor デパート」のシステムをそのままクラウドサービスとして提供しようというもの。複数店舗が出店する、いわゆるモール型のネットショップを独自のドメイン名で開設できる。もちろん、livedoor デパートのために開発された決済、会員管理、ポイント、レコメンド、メルマガなどの各種機能もモジュール単位で利用できる。初期費用は不要。月額料金としてミニマムで数十万の負担は必要だが、あとは売り上げに応じた成果報酬方式となっている。買う市は販売促進やマーケティングなどでバックアップする。

 「これまでのやり方ではコストもかかるし、ノウハウも根付かない。ITのリテラシーも含め、運営のノウハウを地方に残すことが大切だ」と平松氏。

 一昨年から買う市は大塚商会の傘下に入っている。中小の事業者を顧客基盤とする大塚商会と共同でサービスなどの展開が始まれば、地方活性化の起爆剤になるかもしれない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!  旅行券(5万円)をプレゼント!

「ITmedia エグゼクティブ」は上場企業および上場相当企業の課長職以上の方が約5500人参加している無料の会員制サービスです。
 会員の皆さまにご参加いただけるセミナーや勉強会などを通じた会員間の交流から「企業のあるべき姿」「企業の変革をつかさどるリーダーとしての役割」などを多角的に探っていきます。
 新規でご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまに、JTB旅行券(5万円)をプレゼントします。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしていただければと選びました。どうぞご応募ください。

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆